佐々木直次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 直次郎(ささき なおじろう、1901年3月27日 - 1943年5月24日)は、日本翻訳家

略歴[編集]

石川県小松市生まれ。小松中学校を経て金沢第一中学校に転じ、四年修了で第四高等学校に進む。1925年東京帝国大学文学部英吉利文学科卒。同大学院を経て、日本大学で短期間教える。

1931年9月から1932年11月にかけて第一書房より刊行された『エドガア・アラン・ポオ小説全集』を訳出。ポーの本格的翻訳として注目を浴びる。その他、ロバート・ルイス・スティーヴンスン宝島』『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』、チャールズ・ディッケンズ二都物語』などの訳書がある。肺炎で急死。42歳没。

訳書[編集]

  • 『エドガア・アラン・ポオ小説全集1』第一書房 1931
  • 『エドガア・アラン・ポオ小説全集2』第一書房 1931
  • 『エドガア・アラン・ポオ小説全集3』第一書房 1931
  • 『エドガア・アラン・ポオ小説全集4』第一書房 1931
  • 『エドガア・アラン・ポオ小説全集5』第一書房 1931
  • 『宝島』スティーヴンスン 岩波書店 1935
  • 『二都物語』上下,ディッケンズ 岩波書店 1936
  • 『サロメ』ワイルド 岩波書店 1936
  • 『序曲・入江のほとり』キャサリン・マンスフィルド 冨山房 1939
  • 『ロビンソン・クルーソー物語』デフォー 主婦之友社 1941
  • 『ジキル博士とハイド氏』スティーヴンソン 大泉書店 1949

参考文献[編集]

  • 宮本孝『ポーと日本─その受容の歴史』(彩流社2000年

外部リンク[編集]