佐々木直吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 直吉
Sasaki Naokichi.jpeg
佐々木 直吉(一等兵曹時代)
生誕 1913年5月20日
日本の旗 日本 島根県那賀郡国府村
死没 (1941-12-08) 1941年12月8日(28歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ準州真珠湾
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1932 - 1941
最終階級 OF1a - Kaigun Shoi (collar).gif 海軍特務少尉
テンプレートを表示

佐々木 直吉(ささき なおきち/なおよし、1913年大正2年)5月20日- 1941年昭和16年)12月8日)は日本海軍軍人真珠湾攻撃において「甲標的」(特殊潜航艇)搭乗員として戦死した九軍神の一人。二階級特進により最終階級は海軍特務少尉

人物・来歴[編集]

島根県出身。生後数日で母が病没し、7歳で父を失っている。酒屋、農業、石見焼製造を営む叔父夫婦に育てられ、小学校高等科を卒業。金物商や材木商に見習いとして勤めたが、短期間で帰郷。海軍を志望し、2度目の受験で合格。1932年(昭和7年)呉海兵団に入団した。

駆逐艦薄雲」、「」、「磯波」乗組の艦隊勤務のほか、潜水学校水雷学校高等科を修了している。戦技優等賞を2度受賞した優秀な下士官であった[1]

「特殊潜航艇」(以下「特潜」)搭乗員に選抜され、下士官搭乗員の最先任者であった佐々木は、訓練中士官搭乗員の最先任者である岩佐直治大尉の補佐役的存在であった[1]1941年(昭和16年)10月13日、「特潜」の真珠湾攻撃参加が正式決定され、佐々木は岩佐艇の艇附として特別攻撃隊員に選抜された。

艇長
岩佐直治中佐

1941年(昭和16年)12月7日午前1時16分(以下現地時間)、真珠湾の湾口171度、9海里の地点[2]から艇長・岩佐大尉とともに「伊二二潜水艦」から出撃した。

午前7時59分、佐々木・岩佐艇は真珠湾港内で停泊している水上機母艦カーチス英語版」や工作艦に向かっているところを発見された。複数の米艦から砲撃や爆雷攻撃を受ける中魚雷を発射したが命中せず、司令塔への命中弾を受け撃沈された。佐々木・岩佐艇は真珠湾港内まで潜入し、雷撃を行った唯一の「特潜」と推測されており、真珠湾攻撃数日後に米海軍が引き上げた「特潜」艇内から海軍大尉階級章が発見されている[2]。この階級章は戦後に、ただ一人の大尉であった岩佐の遺族に返還された。

なお佐々木、岩佐ら「特潜」搭乗員4名は米海軍によって埋葬されたとする説があるが、墓は未発見である[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『九軍神は語らず』「軍神・佐々木直吉 - 碧い海の底に」
  2. ^ a b 『本当の特殊潜航艇の戦い』「第三章 甲標的作戦の実態」
  3. ^ 『決戦特殊潜航艇』「第二章 真珠湾攻撃」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]