佐々木栄造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 栄造(佐々木 榮造、ささき えいぞう、1920年大正9年)12月16日[1][注 1] - 2019年令和元年)12月26日[2])は、昭和から平成時代前期の政治家青森県五所川原市長。号に遠城。

経歴[編集]

青森県北津軽郡五所川原町(現五所川原市)出身[1]五所川原農学校を経て、日本大学法学部、同大学大学院法学研究科修士課程修了[1]1958年(昭和33年)日本青年団協議会長、1959年(昭和34年)青森県議会議員を経て、1962年(昭和37年)五所川原市長に当選[1]公職選挙法違反で1966年(昭和41年)に一度は失職しながらも直ぐに復帰、1979年(昭和54年)に病気で市長から退くものの2代後の森田稔夫リコールによって解職されたことに伴い1989年(平成元年)6月に12年ぶり市長に返り咲き。通算6期務めた[3]1996年(平成8年)全国市長会副会長[1]1997年(平成9年)6月の市長選で成田守に敗れて落選[3]

2019年(令和元年)12月26日、老衰のため青森市内の病院で死去した[2]

著作[編集]

  • 『赤い地平線 : 満鉄フラルキ農業修練所の実録』青森県文芸協会出版部、2003年。
  • 佐々木遠城 著『土に立つ : 大陸開拓と満鉄フラルキ農業修練所の詩 : 詩集』青森県文芸協会出版部、2004年。
  • 『布屋物語 : 津軽の総合商社 : 私家版』、2004年。
  • 『乃古佐々木商店の記憶 : 私家版』、2007年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『現代政治家人名事典』205頁では12月19日生。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 東奥日報社 2002, 886頁.
  2. ^ a b 元五所川原市長の佐々木榮造氏死去|訃報|速報|Web東奥”. 東奥日報社 (2019年12月29日). 2020年4月3日閲覧。
  3. ^ a b 日外アソシエーツ株式会社 1999, 205頁.

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ株式会社 編 『現代政治家人名事典』 日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X 
  • 東奥日報社 編 『青森県人名事典』 東奥日報社、2002年。ISBN 4885610656