佐々木東洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 東洋(ささき とうよう、天保10年6月22日1839年8月1日) - 大正9年(1918年10月9日)は、洋方医、内科医。

江戸本所生まれ。 佐倉順天堂佐藤泰然、長崎でオランダ人医師ポンペに医学を学ぶ。 1861年に帰郷後、本所などで開業、その後は東京府病院副院長、博愛舎医師、大学東校病院長などを歴任。1877年西南戦争の際、大阪陸軍病院で軍医として診療。1878年、政府が脚気病院を設立、洋方医として診療に当たり、西洋医学が漢方医学に優ることを証明した。脚気病院閉鎖後、1882年神田駿河台に杏雲堂醫院を創立。1885年、石黒忠悳長与専斎らと乙酉会を組織、医学制度について審議。1886年東京府医師会・神田区医師会会長、内務省中央衛生会委員就任。晩年は熱海に隠棲し無住と号した。1918年、肺炎のため死去、享年80。

年譜[編集]

天保10年(1839年) 佐々木震沢の長男として生誕
安政3年(1856年) 2月佐藤泰然、佐藤尚中の佐倉順天堂塾入学
安政5年(1858年) 上総下総で巡回種痘をする
安政6年(1859年) 震沢の代診をする。過労で自宅療養。
万延元年(1860年) 10月順天堂塾に戻る。11月12日 佐藤尚中、門人6人と長崎留学に出発、12月21日、長崎到着、ポンペからオランダ医学を学ぶ
文久元年(1861年) 12月 長崎から江戸に戻る
文久2年(1882年) 3月 佐々木震沢の代診を勤める。佐倉順天堂塾を退学
文久3年(1883年) 1月 深川北松代町2丁目に開業。肺尖カタルに罹患。家督を相続する
慶応元年(1865年) 中田政吉を養子とする(佐々木政吉)
慶応2年(1866年) 4月 本所相生町4丁目に転居開業。松本良順の推挙で一ヶ月間軍艦蟠龍丸軍医、準一等士官。勝安房(勝海舟)と会談。
明治元年(1868年) 英学修得を開始。三宅艮斎長女ミネ子と結婚、三宅宅に転居
明治3年(1870年) 自宅診療を止め、東京大病院に出仕、大学東校少助教となる。医長は英人ウィリス。
明治4年(1871年) 2月、戊辰戦争に派遣され白石亘理家に滞在。大学東校中助教から大助教兼内科医長に昇進、独人医師ホフマンとの確執。「動脈解剖扁」、「解体生理図説」(英文)を翻訳。
明治5年(1872年) 「診法要略」(打診聴診法)出版
明治6年(1873年) 佐藤尚中とともに大学東校辞職、博愛舎に入る。博愛舎解散後、亀沢町にて再び開業。のち蛎殻町に転居開業。大久保一翁知事の要請で東京府病院(後の慈恵医大)副院長(岩佐純院長)に就任。
明治7年(1874年) 9月英人アッシミード医師との確執から東京府病院辞職、蛎殻町で再開業。10月長与専斎の要請で東京医学校(旧大学東校)病院長に就任
明治8年(1875年) 佐藤尚中から診療を一任される
明治9年(1876年) 6月神田駿河台に移転。9月東京医学校病院長辞任、再開業、佐々木塾門弟8名。独逸医学書翻訳を開始。
明治10年(1877年) 2月 西南戦争勃発、松本順、石黒忠悳らと大阪臨時陸軍病院で、陸軍一等軍医正として診療。11月 西南戦争平定後、一等軍医正辞任。『内科提網』(獨文)第一・二巻出版
明治11年(1878年) 9月 勲四等旭日小綬章を下賜される。『内科提網』第三~六巻出版。政府脚気病院設立、洋方医部門東洋、漢方医部門遠田澄庵担当、漢洋脚気相撲と呼ばれた
明治12年(1879年) 脚気病院を駒込弥生町に移転
明治13年(1880年) 脚気病院閉鎖、西紅梅町に私費にて脚気病院設立するも解消
明治15年(1882年) 東京日日新聞に開院広告を出す。6月1日、杏雲堂醫院開院(20室二階建て病舎)。東京地方衛生会員に推挙される。仏教を志し芝青松寺北野元峰に付く
明治18年(1885年) 石黒忠悳、長与専斎、池田謙斎とともに乙酉会を興す
明治19年(1886年) 杏雲堂醫院、施療部門を開設。東京府医師会設立、東洋二代目会長に就任、本部幹事・神田区医師会会長兼任。内務省中央衛生会委員就任。
明治21年(1888年) 「信仏論」を誘善社から刊行
明治22年(1889年) 隆興を養嗣子とし引き取る
明治23年(1890年) 従五位に叙せらる
明治24年(1891年) 東京府医師会四代目会長に再選、日本橋坂本町に医師会事務所を新築
明治26年(1893年) 杏雲堂醫院拡張工事開始
明治27年(1894年) 拡張工事竣工
明治28年(1895年) 東京府医師会会長を辞任
明治29年(1896年) 引退し、政吉が杏雲堂醫院院長就任
明治32年(1899年) 熱海に隠棲、無住と号し、別荘を無住荘と命名
明治41年(1908年) 古希祝宴、於政吉邸
大正元年(1912年) 急性肺炎罹患、政吉、熱海へ往診。その後、大森山王台別邸へ移る
大正4年(1915年) 急性肺炎罹患。喜寿祝宴
大正6年(1917年) 佐々木杏雲堂略伝記(東洋手記)執筆
大正7年(1918年) 5月 金婚式・卒寿祝宴。10月 逝去、享年80。正五位、勲三等瑞宝章授与。葬儀、青山斎場。谷中天王寺墓地に埋葬。
大正9年(1920年) 胸像を作成、生誕日6月22日に除幕式
昭和27年(1952年) 厚生省から、結核予防・治療における功労者として表彰

著書[編集]

  • 診法要略,1872
  • 信仏論 脇本文行, 1886

翻訳[編集]

  • 解体生理図説 維廉杜児寧児(イルレム・トルネル) 杏雲堂, 1873
  • 内科提綱 悉密篤(シュミット)瑞穂屋卯三郎, 1890

参考資料[編集]

  • 沢田百泉 『お医者山脈』 1976年
  • (財)佐々木研究所編
    • 『杏雲堂病院百年史』 1983年
    • 『財団法人佐々木研究所五十年史』 1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]