佐々木敬介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 敬介(ささき けいすけ、1936年昭和11年) - 1998年平成10年))は、日本工学者工学博士慶應義塾大学)。慶應義塾大学名誉教授千歳科学技術大学初代学長北海道函館市出身。

略歴[編集]

慶應義塾大学工学部電気工学科卒業。同大学院工学研究科博士課程修了。同年、同工学部助手。慶応義塾大学大学工学部助教授。慶應義塾大学工学部教授。1998年(平成10年)千歳科学技術大学初代学長。同年病に伏し同退職。間もなく病没。

研究領域[編集]

専門は電気工学光ファイバーなどの光科学ホトニクス)の権威。

主要論文[編集]

  • 浜野修と共同執筆『光導波形色素レ-ザと方向性結合増幅器』(電子通信学会論文誌 C 65(3)、1982年)
  • 『非線形光学デバイス』(光技術コンタクト 27(7)、1989年)
  • 多加谷明広小池康博と共同執筆『プラスチックファイバー光増幅器』(應用物理 64(1)、1995年)

参考文献[編集]

先代:
-
公立千歳科学技術大学学長
初代: 1998年 - 1998年
次代:
緒方直哉