佐々木彰造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 彰造(ささき しょうぞう、1902年明治35年)2月[1] - 没年不明)は、日本銀行家・佐々木銀行頭取[1]、青森県多額納税[1]地主[1]。「布嘉」佐々木家4代目。

人物[編集]

青森県人・佐々木嘉太郎の長男[1][2]。住所は青森県北津軽郡五所川原町[1](現五所川原市)。

家族・親族[編集]

佐々木家

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』青森9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c 『人事興信録 第15版 上』サ3頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月20日閲覧。
  3. ^ a b 『人事興信録 第8版』サ10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。