佐々木弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 弥
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県由利本荘市
生年月日 (1972-04-29) 1972年4月29日(49歳)
身長
体重
180 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • TDK

佐々木 弥(ささき わたる、1972年4月29日 - )は、秋田県出身の社会人野球の元選手(内野手)。右投右打。

来歴[編集]

由利本荘市立下川大内小学校から大内中学校を経て、本荘高では甲子園の出場経験なし。

卒業後地元のTDKに入社。当時の社会人野球は金属バットを使用していたことから、高卒の佐々木にとって違和感なく打撃に取り組むことができ、比較的若いうちから試合に多く出場していた。

1990年代後半からはチームの主砲として4番に座り、自チームだけでなく他チームの補強選手としても都市対抗野球大会に出場している。

2006年シーズンから、経験を買われ、コーチ兼任内野手として登録されるようになった。

2008年限りで現役を引退し、2009年からはコーチ専任となった。

その後コーチを退任し、2021年現在は秋田県野球協会の強化委員を務めている[1]

エピソード[編集]

選手として大きな転機となったのは同年の第77回都市対抗野球大会七十七銀行から補強した高橋利信岩手21赤べこ野球軍団から補強した高倉啓司に挟まれるように4番に座った佐々木は打棒を爆発させる。1回戦(対伯和ビクトリーズ東広島市)戦)ではノーヒットと振るわなかったが、2回戦(対JR東海名古屋市)戦)では0-2のビハインドで迎えた7回裏に反撃ののろしとなるホームランを打ち、準々決勝(対ホンダ狭山市)戦)では4四死球で出塁、準決勝(対日本通運さいたま市)戦)では0-3で迎えた3回表に反撃の開始となるソロホームランを打ち込んだだけでなく、3-5で迎えた7回表には逆転のグランドスラムをレフトスタンドに叩き込んだ。そして決勝戦(対日産自動車横須賀市)戦)でも1安打を放ち、チームの初優勝に貢献。橋戸賞(MVP)こそ5試合登板のエース・野田正義に譲ったが、3本塁打が評価され、打撃賞と大会優秀選手(一塁手部門)を受賞した。また、同年の社会人ベストナイン(一塁手部門)も受賞した。

日本代表キャリア[編集]

なし

主な表彰、タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 秋田県野球協会役員”. 秋田県野球協会. 2021年3月7日閲覧。

関連項目[編集]