佐々木幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 幸治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 1951年
身長
体重
175 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 三菱重工広島
  • 呉港高校

佐々木 幸治(ささき こうじ、1951年 - )は、広島県出身の元アマチュア野球選手(内野手)。

経歴[編集]

広島商業高校では1年下のエース日高晶彦を擁し、1968年秋季中国大会決勝に進むが、後に大学同期となる玉島商の松枝克幸(法大-西川物産)に抑えられ敗退。しかし翌1969年春の選抜への出場を決める。大会では2回戦(初戦)で首里高を降すが、準々決勝で浪商上田芳央に完封を喫する[1]

法政大学に進学。東京六大学野球リーグでは横山晴久ら強力投手陣を擁し、2年生までに3度の優勝を経験するが、その後は優勝に届かなかった。大型三塁手として活躍し、1972年秋季リーグ、1973年秋季リーグでベストナイン(三塁手)に選出されている。大学同期に投手前村泰正一塁手山本功児らがいる。

卒業後は三菱重工広島に入社。1974年社会人野球日本選手権に四番打者、三塁手として出場。準決勝に進むが三協精機樋江井忠臣に抑えられ敗退[2]。しかし同大会の優秀選手賞を獲得、同年の社会人ベストナイン(三塁手)に選出された。1979年には都市対抗にチーム初出場、三番打者、一塁手として起用される。大町定夫新日本製鐵光から補強)が好投、準決勝に進み日本楽器を降す。決勝では熊谷組の矢野隆司から9回に逆転適時打を放ち、初優勝を飾った[3]。同大会の優秀選手賞を獲得、二度目の社会人ベストナイン(一塁手)に選出される。

引退後は1987年から三菱重工広島監督として都市対抗4回、社会人野球日本選手権2回出場。2013年から呉港高監督をつとめた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「日本社会人野球協会会報1974」日本社会人野球協会 1975年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]