佐々木寛司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 寛司(ささき ひろし、1949年 - )は、日本史学者、茨城大学名誉教授。

略歴[編集]

東京都生まれ。駒澤大学文学部卒業。学習院大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学、1989年「日本資本主義と明治維新 本源的蓄積の日本的特質」で文学博士九州大学)、1990年茨城大学教養部助教授、1995年教授、1997年人文学部教授、2008-2012年人文学部長、2014年定年となり、名誉教授[1][2]。近代日本経済史が専門。

著書[編集]

  • 『日本資本主義と明治維新』文献出版 1988
  • 『地租改正 近代日本への土地改革』1989 中公新書
  • 『歴史学と現在 日本近代史像の転換』文献出版 1995
  • 『近代日本経済の歩み』吉川弘文館 1995
  • 『明治維新史論へのアプローチ 史学史・歴史理論の視点から』有志舎 2015
  • 『地租改正と明治維新』有志舎 2016

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ researchmap
  2. ^ 『地租改正と明治維新』著者紹介