佐々木安五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐々木安五郎

佐々木 安五郎[1](ささき やすごろう[2]1872年2月25日明治5年1月17日) - 1934年昭和9年)1月1日[2][3])は、日本政治家大陸浪人。衆議院議員(東京府第8区選出、当選4回)[2][4]。号は照山[3]蒙古王の異名をとった。族籍は山口県平民[5][6]

来歴[編集]

山口県豊浦郡阿川村(現下関市)に生まれる[1][4]。10代後半の時に政治に関心を持ち「点燈会」を作った[7]。隣村の滝部村で小学校の代用教員をしていたが、熊本九州学院に入学し中国語を学んだ。1894年(明治27年)に卒業し[3]日清戦争陸軍通訳として従軍、戦後は台湾総督府吏員となった。しかし、乃木希典総督を退くと総督府を辞職し、1898年(明治31年)には雑誌『高山國(たかさご)[8]を発刊した。また『台湾民報』主筆となり、総督府の植民政策を批判した。鉱業に従事する[2]

1904年(明治37年)、奈良県の資産家である土倉鶴松(林業家土倉庄三郎の長男)の依頼を受けて内モンゴルを探検、蒙古王と呼ばれるようになった。翌年の日比谷焼討事件で検挙された後、1908年(明治41年)には衆議院議員に当選した。以後、当選4回し、又新会立憲国民党革新倶楽部新正倶楽部などに属し[3]憲政擁護運動営業税廃税運動などで活躍した。

1910年(明治43年)、白瀬矗の南極探検を支援する南極探検後援会が発足すると、幹事の一人になった[9]辛亥革命を支持し、1915年大正4年)、東京の梅屋庄吉邸で開かれた孫文宋慶齢の結婚パーティーにも参列している[10]。院外では浪人会に参加し、1918年(大正7年)には吉野作造と対決した。

人物[編集]

住所は東京市滝野川町田端[5][6]

家族・親族[編集]

佐々木家
親戚

著書[編集]

訳書[編集]

  • スコット著『大雄弁学』二松堂書店、1916年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『衆議院要覧 下巻』289頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 『議会制度七十年史 第11』207頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2022年4月1日閲覧。
  3. ^ a b c d 佐々木 安五郎とはコトバンク。2019年7月28日閲覧。
  4. ^ a b 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』373頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月28日閲覧。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第6版』さ32頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月28日閲覧。
  6. ^ a b c d 『人事興信録 第7版』さ41 - 42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月28日閲覧。
  7. ^ 重松、2008年
  8. ^ 高山國 NCID AA1220261X
  9. ^ 白瀬南極探検隊記念館ホームページ
  10. ^ ナガジン!バックナンバー 2011年 9月 特集「孫文を支えた梅屋庄吉」

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院要覧 下巻』衆議院事務局、1920年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第11』大蔵省印刷局、1962年。

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]