佐々木孝昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 孝昌
ささき たかまさ
生年月日 (1954-05-27) 1954年5月27日(67歳)
出生地 青森県五所川原市
出身校 日本大学法学部
所属政党 無所属
親族 父・佐々木啓二(青森県議会議員

当選回数 1回
在任期間 2018年7月9日 - 現職
テンプレートを表示

佐々木 孝昌(ささき たかまさ、1954年5月27日 - )は、日本政治家青森県五所川原市長(1期)。

来歴[編集]

青森県五所川原市出身。父親は青森県議会議員の佐々木啓二。青森県立五所川原高等学校日本大学法学部卒業[1]

五所川原市でタクシー会社の津鉄観光株式会社を経営していた佐々木は2007年(平成19年)、地元の別のタクシー会社、相互タクシー株式会社に合併の話をもちかけ五所川原交通株式会社を設立。それと同時に同社の代表取締役社長に就任した[2]。五所川原法人会会長を務める。

2018年(平成30年)4月13日、任期満了に伴う五所川原市長選挙に出馬する意向を表明した[3]。同年6月25日に行われた市長選は、平山誠敏市長の長男でガス会社社長の平山敦士(自民党公明党推薦)との一騎打ちとなった。平山を648票差で破り初当選を果たした[4]。7月9日、市長就任。

※当日有権者数:47,405人 最終投票率:64.83%(前回比:-12.52pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐々木孝昌64無所属15,593票51.06%
平山敦士44無所属14,945票48.94%(推薦)自民党公明党

市政[編集]

  • 2020年(令和2年)6月4日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身と副市長、教育長の6月期末手当を20%減額する補正予算案を市議会定例会に提出した。6月18日、同案は可決された[5][6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代:
平山誠敏
五所川原市旗青森県五所川原市長
2018年 -
次代:
現職