佐々木哲蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 哲蔵(ささき てつぞう、1906年5月15日 - 1994年5月25日)は、日本裁判官弁護士

略歴[編集]

宮城県宮城郡塩竈町(現・塩竈市)生まれ[1]1930年東京帝国大学法学部独法科卒[2]1931年に裁判官として任官[2]

1938年、奈良地裁から満州新京(現・長春市)の満州国司法部に移り、新京高等法院に赴任し、四平地方法院次長、ハルビン高等法院廷長を経て[2]、1943年に退官し新京法政大学教授となったが、関東軍に召集されて軍務につき[3]、敗戦後ソ連に抑留され、2年半を過ごす[1]

1948年9月に日本へ引き揚げ[2]1948年11月に大阪地裁で判事として復職、刑事事件を担当[1]。戦後の三大騒乱事件といわれた吹田事件の裁判長を務めた際に、公判廷で被告らが勝手に黙終などをしたのを制止せず、裁判長が法廷指揮の責任を怠ったことが問題となり、国会は国政調査権や訴追権を発動したが佐々木が拒否したため裁判が2年半中断し、注目を集めた[4]

1957年に退官した後は弁護士となり、妻の佐々木静子と「佐々木哲蔵・静子法律事務所」を開業。1974年より狭山事件再審弁護団代表を務める[1]八海事件松川事件砂川事件などの冤罪事件も担当した[1]。夫婦で人権派弁護士として活躍したが、67歳で静子とは離婚し再婚した。著書に『裁判官論』、『一裁判官の回想―佐々木哲蔵論文集』などがある。

吹田公判の黙祷事件[編集]

1952年9月から吹田騒擾事件の裁判長として訴訟を指揮した[5]。この裁判では、冒頭から黙祷や革命歌の高唱など被告人団の法廷内外での行動が問題となったが、佐々木はこれらの行動を黙認した[5]。この問題は、1953年7月29日の第29回公判における黙祷事件で表面化した[5]。黙祷事件とは、吹田事件の被告人や傍聴人ら多数が朝鮮戦争の休戦を祝って法廷内で「北鮮勝利の黙祷と拍手」をおこなったが、佐々木がこれを制止しなかった事件である[5]

この佐々木の行為は、職務違反として最高裁最高検衆議院法務委員会、裁判官訴追委員会から1年3ヶ月にわたる調査を受け、1954年11月12日裁判官弾劾法第13条に基づき訴追猶予の処分が決定した[5]。この決定が下るまで、佐々木は黙祷や拍手の正当性を雑誌などで訴え続けた[5]

家族[編集]

  • 父・佐々木清蔵 - 宮城県塩釜市の材木問屋。哲蔵が3歳のときに没。[6]
  • 姉・高橋ミツ - 日本熱錬工業所創立者・高橋源助の妻。夫の源助は山形県の高橋龍太二男[7]京都帝国大学機械科卒業後、住友伸銅所に入社し、ロール工場に勤務、圧延板の技術を研究して、従来不可能とされていた七三黄銅の火延作業に成功、能率の革新を実現した技術者で、その後神戸製鋼所門司製銅工場の技師長を経て、東北大学本多光太郎博士の門下となり、鉄の表面硬化の研究に没頭した[8]。ドイツ留学以来研究していた鉄の焼き入れ法で特許を取り、尼崎市に日本熱錬工業所を起業[9]帝塚山に4万坪、尼崎に5万坪の土地を所有し、愛人も多く囲った[10]。8人の子を儲けたが、慶応大出の長男・次男を戦争で亡くした[11]。三男は足に障害があり画家を目指していたが、兄達を亡くしたため家業を継いだ。孫(三男・徹郎の子)に高橋源一郎[12]
  • 妻・千鶴(1911年生) - 哲蔵の姪(姉ミツと高橋源助の長女)。哲蔵との娘は京都の農家の養子となる。
  • 妻・佐々木静子(1926年生) - 弁護士で大阪弁護士会会長の田村堅三二女。伊藤俊介 (政治家)の孫。前夫と別れ、哲蔵と1958年に子連れ再婚したが、1973年に離婚[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ『20世紀日本人名事典』(2004年)
  2. ^ a b c d 澤田、p.146-147
  3. ^ 『司法官の戦争責任: 満州体験と戦後司法』上田誠吉 · 1997 - 80 ページ
  4. ^ 『憲法と日本の将来』大石義雄 · 1969 - 71 ページ
  5. ^ a b c d e f 澤田、p.151-153
  6. ^ 『一裁判官の回想: 佐々木哲蔵論文集』佐々木哲蔵、技術と人間, 1993、p13
  7. ^ 『大衆人事録. 近畿篇』] 帝国秘密探偵社, 1940 p159
  8. ^ 『回顧七十年』 山田晁 ダイキン工業, 1963 68ページ
  9. ^ 『汚れた法衣』p146
  10. ^ 『文学なんかこわくない』高橋源一郎、朝日新聞社, 1998、p132
  11. ^ 戦後70年 伯父さんは戦場に行った高橋源一郎、朝日新聞
  12. ^ 『週刊文春』 41(4) (通号 2014) 1999.01.28 p.144~147「家」の履歴書(214)高橋源一郎--夜逃げを始め引っ越し歴は二十数回
  13. ^ 『もえる日日 わたし自身の暦』p210

参考文献[編集]

  • 沢田東洋男 『汚れた法衣』現代評論社、1984年。