佐々木収

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々木 収
出生名 佐々木 收
別名 ササキオサム
生誕 (1971-10-26) 1971年10月26日(45歳)
出身地 日本の旗 日本 岩手県盛岡市
学歴 二松學舍大学
ジャンル ロックJ-POP
職業 歌手作詞家作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1995年 -
共同作業者 SCRIPT
Ricken's
MOON CHILD
公式サイト Osamu Sasaki web site
忌野清志郎佐野元春岡村靖幸など

佐々木 収(ささき おさむ、1971年〈昭和46年〉10月26日 - )は、日本ミュージシャン作詞家作曲家。作家活動の際はササキオサムの名義を用いている。本名及び旧芸名は佐々木 收(読み同じ)。岩手県盛岡市生まれ。既婚。

概要[編集]

ロックバンドMOON CHILDボーカリストギタリストとしてメジャーデビューし、1997年に発売された5枚目のシングル「ESCAPE」(テレビドラマ「FiVE」主題歌)が大ヒット。オリコンシングルチャート1位を獲得し、一躍人気バンドとなる。ポストMr.Chlidrenとして注目が集まるが1999年に解散。(その後、幾度か再結成している)現在は音楽ユニットSCRIPTRicken'sのボーカリスト・ギタリストを担当。全てのグループでほとんどの楽曲の作詞・作曲を手掛ける。これらのバンド活動の際は本名の佐々木 收で活動している。名前を読み間違えられたりされたため、誰でも覚えられる「ササキオサム」の名義を用いていた[1]が、2013年のMOON CHILDの再結成に伴い、アーティスト名義を「佐々木 収」で統一した。「ササキオサム」の名義は作詞や作曲などの楽曲提供を行う際のものとして残している[2]

来歴[編集]

  • 中学時代、旺文社主催の「ソニー・ディスク&テープ大賞」で作詞作曲部門賞を受賞
  • 高校(盛岡第一高等学校)時代、軽音部と演劇部に在籍。同級生らと結成したバンドで様々なコンテストに出場、テレビ番組『三宅裕司のいかすバンド天国』にも出演(審査員賞受賞[3])した。
  • 高校卒業後、一年間の予備校生活の後、上京。二松學舍大学を卒業。雑誌でバンド仲間を募集し、後にMOON CHILDのリーダーとなる樫山圭と出逢う。
  • 1995年、バンド「タンバリンズ」結成。11月にバンド名を「MOON CHILD」に改める。
  • 1996年、MOON CHILDとしてメジャーデビュー。
  • 1999年2月24日、MOON CHILD解散。4月、MOON CHILDのベーシストであった渡邊崇尉と「SCRIPT」を結成。
  • 2000年ロンドンブーツ1号2号の楽曲「HEY!SLOTMACHINE」を作詞。初の楽曲提供。
  • 2000年12月、SCRIPTとしてメジャーデビュー。2003年以降はインディーズで活動。
  • 2003年5月、SCRIPTの5thアルバム「Ultimate or Incomplete」より全ての名義を「佐々木 收」に改める。
  • 2004年10月、元The Kaleidoscopeの石田匠と「Ricken's」を結成。
  • 2005年、作家名義を「ササキオサム」に改める。音楽グループAAAに作詞提供した楽曲「BLOOD on FIRE」で第47回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。
  • 2007年、ササキオサム名義でのソロライブ活動を開始。演奏楽曲はMOON CHILD時代に発表したものが中心となっている。
  • 2010年7月14日、自身の公式ブログにて一般女性との入籍を発表。
  • 2010年にソロ活動でのバンド形態となる「THE SASAKI OSAMU BAND」を結成。
  • 2013年、MOON CHILD再結成。これに伴いアーティスト名義を「佐々木 収」に戻す。

マイペースな性格で、カブトムシを飼うのが趣味。

作品[編集]

アルバム[編集]

  • I am A SINGER SONG WRITER(2012年3月21日)
  • PRIMITIVE VOICE 〜sing with the piano live 2013〜 (2013年10月16日)
  • The Thrill of It All(2014年10月22日)
  • THE JOY OF ACHIEVEMENT(2017年1月11日)

提供[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]