佐々木勝久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐々木 勝久
ささき かつひさ
福井県鯖江市 市長 佐々木勝久.jpg
内閣府地方創生推進室より公表された肖像
生年月日 (1968-02-22) 1968年2月22日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 山梨県
出身校 山梨県立日川高等学校
前職 東京電力従業員
所属政党 無所属
親族 義父・佐々木治(元福井県議会議員)
公式サイト 佐々木勝久オフィシャルサイト

当選回数 1回
在任期間 2020年10月17日 - 現職

当選回数 4回
在任期間 2007年7月15日[1] - 2020年
テンプレートを表示

佐々木 勝久(ささき かつひさ、1968年昭和43年〉2月22日[2] - )は、日本政治家福井県鯖江市長(1期)。元鯖江市議会議員(4期)。

来歴[編集]

山梨県出身。1986年(昭和61年)3月、山梨県立日川高等学校卒業[3]。同年4月、東京電力に就職。東京電力労働組合の支部の役員に任命され、組合員として政治活動や選挙運動に従事した[4]

1994年(平成6年)2月、鯖江市議会議員の佐々木治の娘と結婚。名字を佐々木に変更する。義父の佐々木治は1999年(平成10年)4月の福井県議会議員選挙に無所属で立候補し初当選を果たす[5]

再選を目指す義父の選挙を手伝うために[4]、2002年(平成14年)12月、東京電力を退職。2003年(平成15年)1月、山梨県より福井県鯖江市に移転。同年4月の県議選で佐々木治は自民党の公認を得るが、次点で落選した[6]

2007年(平成19年)7月1日に行われた鯖江市議選に立候補し初当選した。2019年(令和元年)、4期目の当選を果たす。同年福井県並行在来線準備取締役[7]

2020年(令和2年)10月4日に行われた鯖江市長選挙に自民党鯖江市支部の推薦を受けて立候補し[8]、元自民党県議の田村康夫、会社経営者の山岸充を破り初当選した[9]。10月17日、市長就任。

※当日有権者数:56,003人 最終投票率:61.63%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐々木勝久52無所属14,348票41.88%(推薦)自由民主党鯖江市支部
田村康夫60無所属12,198票35.61%
山岸充30無所属7,712票22.51%

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]