佐々木勇太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 勇太郎(ささき ゆうたろう、1868年明治元年) - ?)は、明治期の鉄道実業家。

経歴[編集]

豊前国(現・大分県中津生まれ。藩校進脩館中津市学校を経たのち慶應義塾を経て郷里中津に帰る。山陽鉄道豊州鉄道を経たのち日本紡績会社社長となる。その後南海鉄道(現・南海電気鉄道)に転じ副支配人となる。のちに欧米を視察し南海鉄道に改良を加える。

参考文献[編集]