佐々木六華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ささき ろっか
佐々木 六華
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 奈良県天理市
生年月日 (1975-03-10) 1975年3月10日(44歳)
血液型 A型
最終学歴 関西学院大学卒業
勤務局 テレビ宮崎
部署 アナウンス部
活動期間 1997年 -
ジャンル バラエティ番組報道番組
配偶者 有り
公式サイト 公式プロフィール
担当番組・活動
出演中UMKスーパーニュース
出演経歴ジャガジャガ天国
『HOT WAVE』
『みやざきゲンキTV』

佐々木 六華(ささき ろっか、1975年3月10日[1] - )は、テレビ宮崎 (UMK) のアナウンサー

来歴[編集]

奈良県天理市で出生後、小学生のときに宮崎県宮崎市へ移住[2]。以来、宮崎県立宮崎西高等学校を卒業するまで同市で過ごす[3]NHK交響楽団オーボエ奏者である池田昭子は、高校時代の同級生である[4]

関西学院大学を卒業後[2]、1997年[5]にテレビ宮崎に入社。アナウンサー志望ではなかったが[2]、入社後にアナウンス部に配属される。

人物[編集]

人からよく「本名ですか?」と尋ねられるという一種独特な名前は、雪の異称である「六花」と、父親の出身校である北海道札幌南高等学校の「六華の門」にちなんで付けられた[6]

トロンボーン奏者かつ指揮者としての顔を持つ。中学から大学まで一貫して吹奏楽部に所属し、大学時代には定期演奏会の指揮者も務めた[3][7]。テレビ宮崎へ入社してからも、地元のアマチュアバンドや吹奏楽団で音楽活動をしている[2]

既婚者で、子供がいる[1]

担当番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐々木六華 (2011年1月7日). “年男”. テレビ宮崎. 2011年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 佐々木 六華|アナウンサー”. テレビ宮崎. 2019年3月15日閲覧。
  3. ^ a b 宮崎西高吹奏楽部卒業生 甲子園応援隊 練習の続報です。”. 医療法人社団尚成会 近間病院 (2012年3月18日). 2019年3月15日閲覧。
  4. ^ 佐々木六華 (2006年11月10日). “ドラマに…”. テレビ宮崎. 2007年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月15日閲覧。
  5. ^ 佐々木六華 (2007年3月15日). “32回目”. テレビ宮崎. 2007年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月15日閲覧。
  6. ^ 佐々木六華 (2018年12月21日). “名前の由来”. テレビ宮崎. 2019年3月15日閲覧。
  7. ^ 第35回定期演奏会”. 関西学院大学応援団総部吹奏楽部. 2019年3月15日閲覧。
  8. ^ 佐々木六華 (2012年3月31日). “感謝”. テレビ宮崎. 2019年3月15日閲覧。
  9. ^ 佐々木六華 (2007年4月13日). “JAGA天”. テレビ宮崎. 2007年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月15日閲覧。
  10. ^ UMK WEB SITE <HOT WAVE>”. テレビ宮崎. 2006年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月15日閲覧。
  11. ^ 宮本啓丞 (2008年3月4日). “空似”. 九州朝日放送. 2019年3月15日閲覧。
  12. ^ 佐々木六華 (2008年9月30日). “新たに”. テレビ宮崎. 2010年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月15日閲覧。
  13. ^ 佐々木六華 (2012年4月23日). “スーパーニュース|ニュース時々虎・海・バンド”. テレビ宮崎. 2019年3月15日閲覧。
  14. ^ 『Asahi Kasei SPORTS SPECIAL 第55回延岡西日本マラソン ダイジェスト』”. BSフジ (2017年). 2019年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
(初代)
高橋巨典
JAGA天男性司会者
(2代目)
次代:
番組終了
先代:
(初代)
高橋巨典
めざましテレビ
宮崎担当リポーター
(2代目)
次代:
-