佐々木侃司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 侃司(ささき かんじ、1933年 - 2005年1月24日)は、日本イラストレーター

経歴[編集]

1957年、京都市立美術大学(現在の京都市立芸術大学)卒業。株式会社寿屋(現サントリー株式会社)宣伝部宣伝技術課からデザイン室に移り、PR雑誌『洋酒天国』や「トリスコンク」などパッケージデザインを手がけ[1]、イラストレーターとしての頭角を現す。北杜夫「どくとるマンボウ」シリーズ、かんべむさしの著書などのイラストで知られる[1]

大阪芸術大学映像学科教授(学科長)。2005年1月24日没。

脚注[編集]

外部リンク[編集]