住吉久仁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
住吉 久仁夫
プロフィール
リングネーム 住吉 久仁夫
エル・クニオ
EL 920(エル・ノベシエントベインテ)
くにおくん
本名 住吉 久仁夫
ニックネーム プロレス硬派くにおくん[1]
身長 170㎝
体重 75kg
誕生日 (1986-06-18) 1986年6月18日(33歳)
出身地 東京都東久留米市
所属 フリー
トレーナー はやて
守部宣孝
デビュー 2007年9月8日
テンプレートを表示

住吉 久仁夫(すみよし くにお、1986年6月18日 - )は、日本プロレスラー

来歴[編集]

ディック東郷が主宰するSUPER CREWの後身となる「レスリングドリーマーズ」に入門。2007年9月8日東京新木場1stRINGにおけるヤス・ウラノ戦でデビュー。2007年11月7日、新木場1stRINGにて師匠であるはやてと一騎討ち。6分46秒、ハヤティーナで敗れる[2]。2008年10月11日に開かれたDREAM GPでは松本直己に敗れ1回戦負け。プロ初勝利は2008年11月8日、新木場1stRINGにおける梅田健太郎戦(2分26秒、逆エビ固め)[3]

長い下積み生活が続くが、2011年に勝見尚宏との抗争が勃発。12月17日にはカベジェラ・コントラ・ノンブレ(敗者髪切り、名前剥奪マッチ)で敗北[4]。名前を取られ、以降リングネームが「くにおくん」となる。

以降、マッチョ☆パンプとの3分1本勝負(秒殺され2度の再試合)、菊地毅との「つよしくん&くにおくん」結成、浜谷清志との「きよしくん&くにおくん」結成と活躍。2012年11月25日、「覆面MANIA22」では覆面レスラーとして出場。2013年9月21日、レスリングドリーマーズが活動停止となる[5]

2014年8月10日「覆面MANIA 26」で行われた焙煎たがい。&ブラックカイン、BLOOD MEN戦(パートナーは鈴江憲一、HAMATANI)で覆面レスラー「EL 920(エル・ノベシエントベインテ)」としてデビュー[6]。その後、シアタープロレス花鳥風月REINA女子プロレスなどで覆面MANIA所属として出場。

2016年1月17日、シアター・バビロンの流れのほとりにてで行われた花鳥風月若手ONE DAYトーナメントでは、本名である住吉久仁夫として約5年ぶりに出場(服部健太に負け1回戦敗退)[7]

4月16日、花鳥風月・スターライズタワー(東京タワースタジオ)大会では瓦井寿也を撃破[8]

6月5日大会では、服部健太がメインに抜擢された影響を受け、服部に替わり、ハットトリックの白担当として、メンバー入り。

7月3日の覆面マニア大会ではEL 920時代の覆面を着用し、エル・クニオ'として試合[9]ミステル・カカオ焙煎たがい。組と対戦した(パートナーはエル・ホルネット)[10]

得意技[編集]

ダイビングヘッドバット
ランニングネックブリーカードロップ
スピアー

脚注[編集]

  1. ^ 花鳥風月若手ONE DAYトーナメント出場者”. 多重ロマンチック (2016年1月11日). 2016年2月29日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」熱戦譜、2007年11月7日分
  3. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」熱戦譜、2008年11月8日分
  4. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」熱戦譜、2011年12月17日分
  5. ^ レスリングドリーマーズ活動終了のお知らせ”. 守部宣孝ブログ  (2013年8月17日). 2016年2月29日閲覧。
  6. ^ くにおくんとしての白基調のマスクとは別物で紫地に920で目の周りをかたどってある。
  7. ^ 花鳥風月1.17シアター・バビロンの流れのほとりにて 花鳥風月若手ONE DAYトーナメント”. バトルニュース  (2016年1月19日). 2016年2月29日閲覧。
  8. ^ 4・16 花鳥風月スターライズタワー大会 【VKFチャンピオンシップ】勝村vs政宗 山本&服部&三尾vs神楽&スペースレッド&黒い篠宮”. バトルニュース (2016年4月20日). 2016年4月21日閲覧。
  9. ^ https://twitter.com/MISTERCACAO/status/743370934623440896
  10. ^ https://twitter.com/MISTERCACAO/status/750607739383009280?lang=ja