低炭水化物ダイエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

低炭水化物ダイエット(ていたんすいかぶつダイエット、low-carbohydrate diets)とは、肥満糖尿病の治療を目的として炭水化物の摂取比率や摂取量を制限する食餌療法である。低糖質食糖質制限食[1][2]糖質制限ダイエットローカーボダイエット、とも呼ばれる。本質的には炭水化物で摂取していたエネルギーをタンパク質脂質に置き換える食事法である。

通常の食事では、推奨される炭水化物の摂取基準は60パーセント前後である。アトキンスダイエットのように炭水化物を厳しく制限する食事法や、もう少しゆるく制限する食事法がある。

体重をコントロールする目的での炭水化物摂取制限には人気があるが、その長期的な健康上の利点やリスクについては議論されており、複数の研究を分析して長期的には総死亡率を上げる結果が出ている[3]。低炭水化物ダイエットは、6ヶ月の短期間では低脂肪食英語版と比較して体重が減少しているが1年後では差がないなどの報告があり[4]、便秘や頭痛[5][6]、口臭、筋けいれん、下痢、脱力感、発疹がより頻繁に見られる[6]

手法[ソースを編集]

1863年に、ウィリアム・バンティングの『大衆にあてた肥満についての手紙』がロンドンで出版され、この中年男性は肥満に悩み炭水化物を制限する食事法を思いつき数ヶ月実践し、その効果を出版した[7]。売れ行きはまずますであった[7]。1970年代には、すぐに紹介するアトキンスの食事法が提唱された[7]。2003年には、アトキンスダイエットの解説書はシリーズ累計1400万部、ゾーンダイエット(すぐに後述)では累計400万部が販売された[8]

アトキンスダイエット[ソースを編集]

ロバート・アトキンス英語版は、肥満をひきおこすのは炭水化物だと1972年に著書 Diet Revolution で提唱し、ステーキ、卵、バターなどを望むまま食べながら体重を減らすことができると説いた[9]。炭水化物をできるだけとらない[10]。最初の2週間は野菜さえも制限する[8]。この著書の販売数は数百万部を超えた[9]アトキンスダイエットは1970年代に流行し、2013年時点で再び流行している[11]。2003年のイギリスのアンケートによれば300万人が、米国では11人に1人がアトキンスダイエットを試したことがあると推定される[12][13]

このダイエットでは、1日糖質50グラム以下という極端な糖質制限を課す[14]

江部康二は自らが経営する病院で生活習慣病患者に[15]アトキンスダイエットに近い[16]手法を推奨している。

ゾーンダイエット[ソースを編集]

ゾーンダイエット英語版は、米国の生化学者であるバリー・シアーズ英語版が提唱した手法で、飽和脂肪酸の少ないタンパク質源を推奨し、炭水化物40%、タンパク質30%、脂質30%の割合で摂取するというものである[17]

その他[ソースを編集]

日本の糖尿病治療では一日1たり130グラムの炭水化物という方法が紹介された[18]

論争[ソースを編集]

アメリカ医師会英語版は1972年にアトキンスが著書で推奨した手法を飽和脂肪酸コレステロールの多い食品を無制限に摂取することを推奨するひどい療法だと非難し、アトキンスが議会で証言するまでに至った[9]。当時、悪さをしているのは脂質だと考えられていため、主流の栄養学者はアトキンスの理論には触れなかった[7]

炭水化物の危険性を訴える点で共通する[19]ロバート・アトキンス、バリー・シアーズらをパネリストとして招いて、2000年2月24日にアメリカ合衆国農務省が "Great Nutrition Debate" と呼ばれる討論会を主催した[20]。討論会では、彼らの人気ある手法の科学的妥当性についての懸念が栄養学者らから示された[19]。とりわけアトキンスに対しての批判が集中し、アトキンスもまたそれに返答した[10]

学協会の勧告[ソースを編集]

2013年のアメリカ糖尿病学会英語版の声明では、過体重の患者の体重減少の方法のひとつとして2年までの短期間に全エネルギーの40%未満を炭水化物とする穏やかな低炭水化物食が推奨されたが、腎機能、脂質の特徴、タンパク質摂取量の監視と、適切な低血糖治療が必要であるとされた[21]。(なお低脂肪、カロリー制限食、また地中海食も推奨している)2014年のアメリカ糖尿病学会の糖尿病患者の栄養摂取に関する勧告では、血糖値コントロールには炭水化物カウント法などが重要だとされたが、カロリー源としての炭水化物・タンパク質・脂肪の最適なバランスは存在せず個人個人の食生活や好みに合わせるべきだとされた[22]

糖質制限食の流行を受けて日本糖尿病学会[14]2013年の提言で、日本人の肥満の是正と糖尿病予防に関しては「運動療法とともに積極的な食事療法」と「総エネルギー摂取量の制限」[23]カロリー制限[14])がもっとも重要であり、カロリー制限なしの炭水化物摂取制限は長期的な食事療法としての科学的根拠が不足しているため現時点では薦められないと呼びかけた[23]。同学会は、炭水化物摂取は日本人の平均摂取比率と同様の50〜60%(150g/日以上)程度の比率を目安とし、どのような糖尿病合併症を持っているかによって増減させてもよいとした[23]。1日当たり炭水化物50グラム以下とするアトキンスダイエットなど極端な制限法をこの提言は否定したものと考えられる[24]

イギリスのDiabetes UK英語版1型糖尿病患者には低炭水化物食の有効性を示すエビデンスが不十分だとして薦められないとした[25]2型糖尿病には1年未満の短期間に体重減少効果がある場合があるが、長期的な効果やリスクについてはエビデンスが不足しており、低血糖症頭痛集中力低下・便秘等の副作用の可能性に注意が必要だと勧告した[25]

Physicians Committee for Responsible Medicine英語版によれば、アトキンスダイエットなどの高タンパク質・炭水化物制限の手法には、動物性の食事に起因する健康リスクへの考慮が不足している[11]

影響[ソースを編集]

低炭水化物食による体重減少の効果が低脂肪食ゾーンダイエット英語版など他のダイエットより優れているかどうかについては相反する臨床試験の結果が報告されており、2014年のメタアナリシスの結果によれば総カロリーが同じであれば効果に差はないと見られる[26]。6ヶ月の短期間では低脂肪食英語版と比較して体重が減少しているが1年後では差がないなどの報告があり[4]便秘頭痛[5][6]口臭筋けいれん下痢脱力感発疹がより頻繁に見られる[6][27]。糖尿病患者対象では、より高い炭水化物量の食事と比較して、脂質およびリポタンパク質に差があった研究とない研究があり、多くの研究で体重減少との交絡が生じていると指摘され、研究にバイアスが生じている可能性がある[22]

短期的な影響[ソースを編集]

2003年、低脂肪食と低炭水化物食をランダムに割り振ったランダム化比較試験では、最初の6ヶ月間は低炭水化物のほうが体重を減少させたが、1年間では有意な差が見られなかった[4]。2004年の研究では、6ヶ月の短期間に限り、体重が減少しているうちは、低糖質食を患者にすすめても安全だろうと提言されている[28]

ただし6ヶ月以内であっても、低炭水化物ダイエットでは便秘頭痛が経験されることが多い[28](ある3ヶ月の実験で16人中2人以上[5]、ある6ヶ月の実験で51%以上[29][6])。6ヶ月間の比較で、低脂肪食のダイエットと比較して低炭水化物ダイエットは口臭、筋けいれん、下痢、脱力感、発疹がより頻繁に見られた[6]

低脂肪食よりも低炭水化物食の方が、より体重減少やHDLコレステロール・血清トリグリセリドの改善がみられた[30]。糖尿病患者に対しての2年間の比較では低炭水化物ダイエットと高炭水化物ダイエットでの体重減少、HbA1cに差がなかったとの報告もある。[31]

4週間の実験で低炭水化物ダイエットは低脂肪ダイエットや低GIダイエットと比べて血清中に増えるタンパク質CRP値と尿中コルチゾールが高くなり心血管疾患のリスクが高まった[32]、炭水化物より脂肪から多くカロリーを摂取するとアンケートに答えた人は乳がんのリスクが高い[33]、などの報告がある。

長期的な影響[ソースを編集]

低糖質食が死亡率心血管障害にどう影響するかを調べた2012年発表のメタアナリシスによれば、低糖質食は総死亡率を増加させることが示された[3]

スウェーデンで、62,582人の男女で最大17.8年追跡し、発がん率との関係を調査した研究がある[34]

死亡率に関する10年以上の長期追跡調査[ソースを編集]

  • 2007年、ギリシャで1993年から2003年にかけて2万2944名のコホート研究で、低炭水化物で高タンパクの食事はより高い総死亡率を示した[35]。2007年、スウェーデンにおける4万2237人の女性での12年間におよぶコホート研究では、低炭水化物で高タンパク食は総死亡率が高くなり、特に心血管における死亡率が増加していた[36]
  • 2010年、ハーバード大学による4万4548人の男性と8万5168人の女性による20年から26年間におよぶコホート調査では、動物食をベースとした低炭水化物ダイエットは男女とも全原因の死亡率を増加させ、植物をベースとした低炭水化物ダイエットは死亡率を低下させていた[37]
  • 炭水化物を脂質に置き換える低炭水化物食を行った場合、摂取(置換)する脂質の種類(総脂質、飽和脂肪酸(SFAs)、一価不飽和脂肪酸(MUFAs)、多価不飽和脂肪酸(PUFAs)により全死因死亡率や心血管疾患死亡リスクが異なることが報告された[38]。この報告によれば、総脂質またはSFAsは全死因死亡率が上昇し、MUFAsではリスクは低下した。また、MUFAsは有意な減少であったとされた[38]

高タンパク質の影響[ソースを編集]

低炭水化物ダイエットでは、炭水化物の比率を減らすことからタンパク質の摂取量が多くなる[31][35][36]

高タンパク質の食事は、半年間で高炭水化物の食事と比較してインスリン抵抗性が高くなった[39]。 (短期間6週間では、2011年の報告で、高穀類繊維 (high cereal-fiber)の食事より高タンパク質の食事のほうがインスリン抵抗性を高くし、糖尿病リスクを上げることが示された[40]

2007年の世界保健機関による報告書では、高タンパク質食は腎臓疾患患者の腎機能を悪化させるため、糖尿病高血圧多嚢胞性腎疾患によって腎不全の可能性がある場合には適切にタンパク質制限が行われるべきだとしている[41]。また、高タンパク質食では特に動物性タンパク質による腎結石のリスク増加がありうるので、リスクのある患者では安全な量でかつ植物性タンパク質が望ましいとされる[41]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 江部康二「低糖質食(糖質制限食 carbohydrate restriction)の意義」、『内科』第105巻第1号、2010年、 100-103頁。
  2. ^ 江部康二「低炭水化物食(糖質制限食)の有効性と安全性」、『女子栄養大学栄養科学研究所年報』第19号、2013年、 37-50頁、 NAID 40019899863
  3. ^ a b Manzoli, Lamberto; Noto, Hiroshi; Goto, Atsushi; Tsujimoto, Tetsuro; Noda, Mitsuhiko (2013). “Low-Carbohydrate Diets and All-Cause Mortality: A Systematic Review and Meta-Analysis of Observational Studies”. PLoS ONE 8 (1): e55030. doi:10.1371/journal.pone.0055030. 
  4. ^ a b c Gary D. Foster, Ph. D., Holly R. Wyatt, M.D., James O. Hill, Ph. D., Brian G. McGuckin, Ed. M., Carrie Brill, B.S., B. Selma Mohammed, M.D., Ph. D., Philippe O. Szapary, M.D., Daniel J. Rader, M.D., Joel S. Edman, D.Sc., and Samuel Klein, M.D. (2003). “A Randomized Trial of a Low-Carbohydrate Diet for Obesity”. New England Journal of Medicine 348 (21): 2082–90. doi:10.1056/NEJMoa022207. PMID 12761365. http://content.nejm.org/cgi/content/short/348/21/2082. 
  5. ^ a b c Sondike, Stephen B.; Copperman, Nancy; Jacobson, Marc S. (2003). “Effects of a low-carbohydrate diet on weight loss and cardiovascular risk factor in overweight adolescents”. The Journal of Pediatrics 142 (3): 253–258. doi:10.1067/mpd.2003.4. ISSN 00223476. 
  6. ^ a b c d e f Yancy WS, Olsen MK, Guyton JR, Bakst RP, Westman EC (May 2004). “A low-carbohydrate, ketogenic diet versus a low-fat diet to treat obesity and hyperlipidemia: a randomized, controlled trial”. Ann. Intern. Med. 140 (10): 769-777. PMID 15148063. 
  7. ^ a b c d ウォルター・ウィレット、パトリック・スケレット「炭水化物を見方にダイエット」、『ニューズウィーク日本版』2004年1月28日、 42-45頁。
  8. ^ a b 「ダイエット大論争」、『ニューズウィーク日本版』2003年7月16日、 46頁。
  9. ^ a b c Gary Taubes (2002年7月7日). “What if It's All Been a Big Fat Lie?”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2002/07/07/magazine/what-if-it-s-all-been-a-big-fat-lie.html?pagewanted=all 2016年3月20日閲覧。 
  10. ^ a b 「ご飯を食べるダイエット=○」、『日経ヘルス』2000年6月、 33-36頁。
  11. ^ a b Physicians Committee for Responsible Medicine英語版 高タンパク質食の真実 13093D-NTR • 20130529
  12. ^ Three million follow Atkins diet”. BBC NEWS (2003年9月1日). 2016年3月20日閲覧。
  13. ^ Vanessa Barford (2013年4月17日). “Atkins and the never-ending battle over carbs”. BBC NEWS. 2016年3月20日閲覧。
  14. ^ a b c 田代淳「学術研究 最近の糖尿病治療・食事療法の考え方」 (pdf) 、『千葉県栄養士会雑誌』第11号、2013年12月10日、 2-3頁。
  15. ^ 江部康二、ご飯・パンの糖質が現代病の元凶だった!|男の健康|ダイヤモンド・オンライン 2011年11月10日
  16. ^ 全国生活習慣病予防月間2013 第3回予防月間講演会 参加者からの質問: 食事指導に関するQ&A 日本生活習慣病予防協会 2013年5月
  17. ^ Reed A Berger MD "Fad Diets and Food Trends"
  18. ^ 原純也「糖尿病食事療法「カーボカウント法と低糖質食」を知っていますか?(第546回「実地医家のための会」12月例会糖尿病ケアまるわかり講座)」 (pdf) 、『人間の医学』第48巻第2号、2012年、 41-46頁。
  19. ^ a b Little Accord in a Round Table of Diet Experts - The New York Times”. The New York Times (2000年2月25日). 2016年3月20日閲覧。
  20. ^ Millennium Lecture Series Symposium on The Great Nutrition Debate The Jefferson Auditorium, U.S. Department of Agriculture, February 24, 2000
  21. ^ American Diabetes Association英語版 (January 2013). “Position Statement : Standards of medical care in diabetes 2013” (pdf). Diabetes Care 36 Suppl 1: S11–66. doi:10.2337/dc13-S011. PMC 3537269. PMID 23264422. http://care.diabetesjournals.org/content/36/Supplement_1/S11.full.pdf. 
  22. ^ a b Evert, A. B.; Boucher, J. L.; Cypress, M.; Dunbar, S. A.; Franz, M. J.; Mayer-Davis, E. J.; Neumiller, J. J.; Nwankwo, R. et al. (January 2014). “Nutrition Therapy Recommendations for the Management of Adults With Diabetes”. Diabetes Care 37 (Supplement_1): S120–S143. doi:10.2337/dc14-S120. ISSN 0149-5992. http://care.diabetesjournals.org/content/37/Supplement_1/S120.full. 
  23. ^ a b c 日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言 〜糖尿病における食事療法の現状と課題 日本糖尿病学会 2013年3月18日
  24. ^ 【寄稿】学会提言、全ての糖質制限食を否定していない 北里研究所病院糖尿病センター長 山田 悟 あなたの健康百科 2013年03月22日 18:02 公開
  25. ^ a b Consumption of carbohydrate in people with diabetes
  26. ^ 髙尾哲也、小川睦美、清水史子、石井幸江 糖と健康の誤解;糖質制限は正しいか 最終更新日:2015年8月10日 糖質に関する正しい知識の普及に向けて〜「食と健康に関する講演会」の概要報告〜
  27. ^ Eric C Westman, Richard D Feinman, John C Mavropoulos, Mary C Vernon, Jeff S Volek, James A Wortman, William S Yancy, and Stephen D Phinney, Low-carbohydrate nutrition and metabolism (2007)
  28. ^ a b Arne Astrup, Thomas Meinert Larsen, Angela Harper (2004). “Atkins and other low-carbohydrate diets: hoax or an effective tool for weight loss?” (PDF). Lancet 364 (9437): 897-899. doi:10.1016/S0140-6736(04)16986-9. PMID 15351198. http://www.icb.ufmg.br/biq/biq038/lancet.pdf. 
  29. ^ Westman EC, Yancy WS, Edman JS, Tomlin KF, Perkins CE (July 2002). “Effect of 6-month adherence to a very low carbohydrate diet program”. Am. J. Med. 113 (1): 30–6. PMID 12106620. 
  30. ^ Effects of low-carbohydrate and low-fat diets: a randomized trial. Bazzano LA, and others. Ann Intern Med: 2014;161(5);309-18. doi:10.7326/M14-0180.
  31. ^ a b Krebs JD, Elley CR, Parry-Strong A, et al. (April 2012). “The Diabetes Excess Weight Loss (DEWL) Trial: a randomised controlled trial of high-protein versus high-carbohydrate diets over 2 years in type 2 diabetes”. Diabetologia 55 (4): 905–14. doi:10.1007/s00125-012-2461-0. PMID 22286528. 
  32. ^ Ebbeling CB, Swain JF, Feldman HA, et al. (June 2012). “Effects of dietary composition on energy expenditure during weight-loss maintenance”. JAMA 307 (24): 2627–34. doi:10.1001/jama.2012.6607. PMID 22735432. 
  33. ^ Isabelle Romieu, Eduardo Lazcano-Ponce, Luisa Maria Sanchez-Zamorano, Walter Willett & Mauricio Hernandez-Avila (August 2004). “Carbohydrates and the risk of breast cancer among Mexican women”. Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology 13 (8): 1283–1289. PMID 15298947. 
  34. ^ Nilsson, Lena Maria; Winkvist, Anna; Johansson, Ingegerd; Lindahl, Bernt; Hallmans, Göran; Lenner, Per; Van Guelpen, Bethany (2013). “Low-carbohydrate, high-protein diet score and risk of incident cancer; a prospective cohort study”. Nutrition Journal 12 (1). doi:10.1186/1475-2891-12-58. 
  35. ^ a b A. Trichopoulou, T. Psaltopoulou, P. Orfanos, C.-C. Hsieh & D. Trichopoulos (May 2007). “Low-carbohydrate-high-protein diet and long-term survival in a general population cohort”. European journal of clinical nutrition 61 (5): 575–581. doi:10.1038/sj.ejcn.1602557. PMID 17136037. 
  36. ^ a b P. Lagiou, S. Sandin, E. Weiderpass, A. Lagiou, L. Mucci, D. Trichopoulos & H.-O. Adami (April 2007). “Low carbohydrate-high protein diet and mortality in a cohort of Swedish women”. Journal of internal medicine 261 (4): 366–374. doi:10.1111/j.1365-2796.2007.01774.x. PMID 17391111. 
  37. ^ Fung TT, van Dam RM, Hankinson SE, Stampfer M, Willett WC, Hu FB (2010). “Low-carbohydrate diets and all-cause and cause-specific mortality: two cohort studies.”. Ann Intern Med 153 (5): 289-98. doi:10.1059/0003-4819-153-5-201009070-00003. PMC 2989112. PMID 20820038. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2989112. 
  38. ^ a b 欧州糖尿病学会取材班 学会フラッシュ:欧州糖尿病学会2014 低炭水化物ダイエットは置き換える脂質の種類に注意を 日経メディカルオンライン 記事:2014年9月20日
  39. ^ Weickert MO, Roden M, Isken F, et al. (August 2011). “Effects of supplemented isoenergetic diets differing in cereal fiber and protein content on insulin sensitivity in overweight humans”. Am. J. Clin. Nutr. 94 (2): 459–71. doi:10.3945/ajcn.110.004374. PMID 21633074. 
  40. ^ Weickert MO, Roden M, Isken F, et al. (August 2011). “Effects of supplemented isoenergetic diets differing in cereal fiber and protein content on insulin sensitivity in overweight humans”. Am. J. Clin. Nutr.英語版 94 (2): 459–71. doi:10.3945/ajcn.110.004374. PMID 21633074. 
  41. ^ a b 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 原書:WHO Technical Report Series 935 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007

関連項目[ソースを編集]