位藤紀美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

位藤 紀美子(いとう きみこ 1946年?- )は愛媛県出身の国語教育学者。学生の起こした不祥事によって引責辞任した寺田光世に代わって2009年9月に京都教育大学の新学長に選出され、同年10月1日より就任した[1]。同大学初めての女性学長となった。

経歴[編集]

  • 広島大学教育学部卒業
  • 広島大学助手
  • 1973年 - 広島大学大学院教育学研究科博士課程中退
  • 1973年 - 京都教育大学講師
  • 京都教育大学助教授
  • 1990年 京都教育大学教授
  • 2009年 びわこ学院大学教育福祉学部教授[2]
  • 2009年 京都教育大学学長

所属学会[編集]

著書[編集]

  • 『作文・綴り方教育史資料』(上・下)大正期から昭和期へ 雑誌「赤い鳥」綴り方を中心に(1971年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]