伝貰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伝貰
各種表記
ハングル 전세
漢字 傳貰
発音 チョンセ
日本語読み: でんせい
ローマ字 Chun-say, Jeonse,
テンプレートを表示

伝貰(チョンセ、朝鮮語: 전세)は、韓国独特の賃貸住宅制度である。

概要[編集]

借り手は、家賃を払う代わりに、契約時に住宅価格の5~8割程度の伝貰金を一括で貸し手に払い、一方で月々の家賃は支払いを免除される。貸し手は、受け取った伝貰金を資金運用して、利子等の収入を得る仕組みになっている。退去が決まると、伝貰金は、家賃に相当する部分を差し引いた上で、借り手に全額返還される[1]

チョンセ以外にも、他国では一般的な家賃を月々支払う「月貰(ウォルセ、朝鮮語: 월세)」や、不動産価格の半分くらいをチョンセとして支払って残りは月々に支払うという「半伝貰(バンチョンセ、朝鮮語: 반전세)」といった制度の賃貸物件も存在する。

2010年において、韓国の住宅全体でチョンセの物件が占める割合は、27.1%となっている[2]

韓国の不動産価格が低かった頃は大きな問題にならなかったが、2017年にはソウルの平均の住宅価格が東京を超えるなど、近年、韓国の不動産価格は上昇に歯止めがかからない状態にある[3]。これに比例して、チョンセの物件の価格も上昇しており、チョンセの物件に入居する場合、日本円換算で数百万から数千万円を用立てる必要が生じるようになっている。しかし、蓄えが少ない若年層には、これだけの金額を一括で捻出することは難しく、若者が都市部の住宅に住めない事態を招いている。このことが、韓国の少子化の原因の一つとも指摘されている[4][5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石昌目「韓国における住宅賃貸借 -伝貰制度を中心に-」『北大法学論集』第50巻第4号、北海道大学法学部、1999年11月、 859-883頁、 ISSN 03855953NAID 120000954170
  2. ^ 韓国の住宅事情:住居形態と「チョンセ」 (PDF)”. 米子市 (2016年11月1日). 2021年3月27日閲覧。
  3. ^ “ソウルの住宅価格、東京より1200万円高く、ニューヨークと同等”. ハンギョレ. (2017年11月21日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/29016.html 2021年3月27日閲覧。 
  4. ^ 大部俊哉 (2021年3月5日). “韓国出生率0.84の衝撃 結婚どころじゃない若者たち”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP343QMWP2VUHBI02P.html 2021年3月6日閲覧。 
  5. ^ 牧野愛博 (2020年7月20日). “若者の地獄 韓国大統領を支持しない意外な理由”. フォーブス. https://forbesjapan.com/articles/detail/35940/1/1/1 2021年3月6日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • 金鉉善「翻訳 韓国における「住宅賃貸借保護法」及び「住宅賃貸借保護法施行令」(1)」『広島法学』第40巻第4号、広島大学法学会、2017年3月、 10-1頁、 doi:10.15027/43429ISSN 0386-5010NAID 120006313740
  • 金鉉善「翻訳 韓国における「住宅賃貸借保護法」及び「住宅賃貸借保護法施行令」(2・完)」『広島法学』第41巻第1号、広島大学法学会、2017年6月、 50-41頁、 doi:10.15027/44534ISSN 0386-5010NAID 120006369474