会津若松母親殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

会津若松母親殺害事件(あいづわかまつ ははおやさつがいじけん)とは、2007年5月15日福島県会津若松市で発生した少年による母親殺害事件。

事件の経緯[編集]

2007年5月15日午前7時ごろ、福島県会津若松市の会津若松警察署で、当時17歳の同市の県立高校3年の男子生徒が「母親を殺害しました」と言って自首する。少年は切断された女性の頭部を通学用の黒い布製ショルダーバッグに入れて持ってきていた。その際応対した女性警官は生首と目が合い卒倒して医務室に運び込まれたという。署員が少年の自宅アパートに駆けつけたところ、布団の上で母親が頭部を切断されて死んでおり、同署は少年を殺人容疑で緊急逮捕する。翌5月16日、殺人と死体損壊の疑いで少年を送検した。

少年は5月15日午前1時30分ごろ寝ている母親を包丁で刺し、のこぎりで首を切断した。また、右腕も肩付近からのこぎりで切断した。その後、インターネットカフェで夜を明かす。そこでアメリカ合衆国の人気アーティストビースティ・ボーイズのDVDを見ている。その後、6時20分ごろ携帯電話でタクシーを予約し、6時50分ごろタクシーに乗って警察署に乗りつけた。タクシーの後部座席にもバッグからもれたと思われる血が付着していた。

自首した際には少年は、返り血と見られる血が付いた服を着ていた。遺体の首と頭には包丁で刺された傷が複数あり、手には抵抗した際に出来たと思われる無数の傷があった。アパートの遺体の側には、血まみれの包丁とのこぎりが残されていた。のこぎりは数日前に市内のホームセンターで買ったものだという。

人物像[編集]

少年は中学校時代、野球部のエースを務め、スキーのジャンプもうまく、何事にも一生懸命な優等生であった。だが、高校に入り長髪にし、も伸ばすようになった。周りにうまく溶け込めず、一人でいる事を好み、友達も少なかった。生徒は高校2年の9月頃から風邪や頭痛を理由に不登校気味であった。3年になってからは5日間登校しただけで、4月13日を最後に登校していなかった。5月1日には市内の病院に行き、精神的に不安定になっていると診断されていた。

少年の実家は福島県大沼郡金山町で、約60キロ離れた会津若松市の高校に通うためアパートを借りていた。弟と一緒に住んでいたが、弟は別の部屋にいて気づかなかったという。母親は保育士で大沼郡内に勤務していた。14日は午後6時過ぎに仕事を終え、アパートを訪れていた。15日は母親の誕生日だった。

動機について生徒は「誰でもいいから殺そうと考えていた」「戦争やテロが起きないかなと思っていた」と供述している。

出典[編集]

関連項目[編集]