会津小鉄 (幕末)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

会津小鉄(あいづのこてつ、本名:上坂 仙吉(こうさか せんきち)、1833年7月7日天保4年5月20日) - 1885年明治18年)3月19日)は、京都侠客浪曲化され 、京山幸枝若により大ヒットした。

生地は後の大阪市南区本町2丁目、本籍は京都府愛宕郡吉田村第140号[要出典]行友李風の『近世遊侠録』によると背中文身は小町桜(小野小町の下にいるとされる)。全身に数十にわたる刃傷があり1853年に右の小指を、1865年に左の指を3本(親指人差し指を残して)斬られているが、己自身も少なくとも5人は手に掛けている[要出典]

1849年嘉永2年)頃より恋人と生活していたが、縄張り争いで亡くしている[要出典]1865年慶応元年)より暮らしていた芸者(?~1868年?)との間に2子を儲ける[要出典]。1人は子分の養子に、1人は九州の親分の養子にする[要出典]1872年(明治5年)に妻(1851年?~1919年)を迎え1子を儲ける。この子は21歳で家出をして行方不明[要出典]

年表[編集]

関連人物[編集]