會川昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
会川昇から転送)
Jump to navigation Jump to search
會川 昇
プロフィール
本名 会川昇
(あいかわ のぼる)
別名 葉月ロウ
誕生日 (1965-08-09) 1965年8月9日(53歳)
出身地 東京都
主な作品
アニメ機動戦艦ナデシコ
特撮仮面ライダー剣
仮面ライダーディケイド

會川 昇(あいかわ しょう、本名:会川昇〈あいかわ のぼる〉、1965年8月9日 - 、東京都出身[1])は、日本脚本家早稲田高等学校卒業。師匠は作家の長坂秀佳

経歴・人物[編集]

主にアニメ特撮の脚本を手がける。1992年までは会川昇名義で書いており、三陽五郎伊坂秀樹、葉月九ロウ、小山田風狂子などのペンネームを持つ。

高校時代に、テレビアニメ亜空大作戦スラングル』第29話「魔のミュータント部隊」でデビュー[1]。それ以前から雑誌ライターとしても活動し、アニメ雑誌『アニメック』などに基騒などのペンネームで寄稿している。特撮雑誌『宇宙船』では旧作指向だった誌面の中で積極的に新作を紹介し、ホビー誌『B-CLUB』では創刊以来2年近く編集に参加した。『Ζガンダムを10倍楽しむ本』、上原正三長坂秀佳の脚本集を編むなど、編集者としても活躍した。長坂とは師弟関係を結んでおり、自身が結婚する際には仲人を長坂夫妻に依頼している。1980年代中盤から脚本専業となり、OVAで数多くの作品を執筆した[注釈 1]

メインライターとしては『鋼の錬金術師』『十二国記』などを手がけている。オリジナルシナリオのアニメとしては、『天保異聞 妖奇士』の脚本を執筆。本来は4クールを予定していたが、視聴率低迷などを理由に2クールで打ち切られるという結果に終わった[2]

メタルヒーローシリーズウルトラシリーズスーパー戦隊シリーズ仮面ライダーシリーズと、日本の特撮4大シリーズすべてに参加している。2006年には『轟轟戦隊ボウケンジャー』にメインライターとして参加し、全49話中23本を執筆した。2009年には『仮面ライダーディケイド』にメインライターとして参加したが1クール(第13話)終了時点で降板し、「とても悲しいことがあって、『ディケイド』を1クールで離れてしまったので、今完全に失業中です(笑)」とコメントしている[3]。しかし、2013年には『仮面ライダーウィザード』で4年ぶりに東映特撮に復帰した。担当話はディケイドが客演するだけでなく、主人公のウィザードと素顔でも対面して共に重要な役回りを担う、特別編であった。

ブランクの後、2010年の『テガミバチ REVERSE』(脚本)を経て、2011年10月の『UN-GO』(ストーリー及び全話脚本)で完全復帰した。

ラジオ番組にも多数出演しており、『波乗り!アニメジャーナル』のパーソナリティを務めていた頃は、スポンサー企業関連作品に対しても容赦のないアニメ評論を行っていた。

エピソード[編集]

メタフィクション構造を取り入れた作品を得意としており、會川自身「メタ的な要素がないと筆がノらない」と述べている[4]

活動初期は、アニメ・特撮ファンとしての基質がOVAでは役に立っていたが、一般向けのテレビ番組では未熟さを露呈することが多かったという[5]。その後、シリーズ構成として『ウルトラマンG』と『THE八犬伝』を手がけたことでマニア向けの作品からは一旦手を引き、『機動戦艦ナデシコ』の頃には自身のオタク性と脚本家としての技術を両立させることができるようになったという[5]

2008年のインタビュー[要文献特定詳細情報]では、京都にあこがれを持っており自作で舞台にするのが念願だったが[注釈 2]、同年公開の劇場版『炎神戦隊ゴーオンジャー』でようやく実現したと語る。また、東映特撮の監督である長石多可男への敬愛の念も吐露しており、彼の仕事ぶりを見て「(戦隊シリーズを)もっと面白くしなきゃいけないと、決意を新たにしました」と話していた[6]

漢字の読みだけで名を知った者からは同音異字の哀川翔と間違われることがまれにあり、月刊誌『アニメV』に勘違いを告白する読者投稿が掲載されたこともある。

東映でスーパー戦隊シリーズの選曲などを担当している宮葉勝行は、同人時代の仲間の1人である[4]

映画秘宝オトナアニメの特別雑誌のアンケートによれば、ロバート・アルドリッチの『ヴェラクルス』やロバート・アルトマンの『ギャンブラー』、サミュエル・フラーの『アリゾナのバロン英語版』やキム・ギドクの『サマリア』、サム・ペキンパーの『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』をベスト10に入れている[7]

受賞歴[編集]

作品[編集]

脚本[編集]

1983年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1993年
1994年
1995年
1996年
1998年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
  • UN-GO(ストーリー・脚本)
2012年
2013年
2014年
2015年
2018年

脚本集[編集]

  • 十二国記 アニメ脚本集 (1) - (5)(2002年 - 2004年、講談社X文庫ホワイトハート)
  • TVアニメ 鋼の錬金術師 シナリオブック Vol.1 - 4(2004年 - 2005年、スクウェア・エニックス)
  • 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 シナリオブック(2005年、スクウェア・エニックス)
  • ANIMESTYLE ARCHIVE UN-GO 會川昇脚本集(2012年、スタイル)

オーディオドラマ[編集]

カセットドラマおよびドラマCDの脚本・脚色多数。代表作として

小説[編集]

  • 大魔獣激闘 鋼の鬼(1987年、徳間アニメージュ文庫)
  • ガンヘッド(正伝・1・2)(1989年、角川文庫)
  • 戦え!!イクサー1(上・下)(1989年、角川文庫)
  • 孔雀王 魔霊録(1992年、集英社スーパーファンタジー文庫)
  • フリーゲント(雑誌連載)
  • ダンガイオー(雑誌連載)
  • 南海奇皇(雑誌連載)
  • ハイドジーン(雑誌連載)
  • 超人機メタルダー「狼たちの宴」(『B-CLUB』掲載 三陽五郎名義) トップガンダーとクロスランダーの確執を描く。
  • ラブひな 混浴厳禁(2001年、マガジンノベルス)
  • UN-GO 因果論(2012年、ハヤカワ文庫JA)
  • 超人幻想 神化三六年(2015年、ハヤカワ文庫JA、「ミステリマガジン」連載)

『吸血姫美夕』と『THE八犬伝』の小説は新刊案内にまで掲載されたが、発売されなかった。

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『アニメV』1988年1月号(学習研究社)のp.34「今さら友だちのWA! 会川昇さんの巻」で、會川は「OVAで引っぱりだこの脚本家、会川昇さん」と紹介されている。このインタビューで、會川は最近の仕事として10数タイトルのOVAの脚本を挙げている。
  2. ^ 自身がメインライターを務めた『轟轟戦隊ボウケンジャー』では、京都編のプロットを用意していたが、同作品では恒例となっていた京都ロケ自体が行われなかった[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 『B-CLUB SPECIAL 冥王計画ゼオライマー』 バンダイ発行、ISBN 4-89189-132-7、61p
  2. ^ 『月刊アニメージュ』2009年7月号(徳間書店)[要ページ番号]
  3. ^ 『オトナアニメ』vol.12(2009年4月、洋泉社)[要ページ番号]
  4. ^ a b トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 80-81, 取材・構成 前田久「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_07 會川昇」
  5. ^ a b c スーパー戦隊21st6 2017, p. 32, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 會川昇」
  6. ^ 宇宙船』Vol.121(2008年、ホビージャパン社)[要ページ番号]
  7. ^ 『映画秘宝ex&オトナアニメex アニメクリエイターの選んだ至高の映画』、200-209p
  8. ^ 十二国記”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月16日閲覧。
  9. ^ 大江戸ロケット”. マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]