伊那食品工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊那食品工業株式会社
Ina Food Industry Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
399-4498
長野県伊那市西春近5074
設立 1958年昭和33年)6月18日
業種 食料品
法人番号 7100001020600
事業内容 寒天、ゲル化剤などの製造・販売
代表者 井上 修(代表取締役社長
資本金 9,680万円
従業員数 399名
関係する人物 塚越 寛(代表取締役会長兼CEO)
外部リンク http://www.kantenpp.co.jp/
テンプレートを表示
伊那食品工業本社(かんてんぱぱガーデン内)
伊那食品工業北丘工場(かんてんぱぱガーデン内)

伊那食品工業株式会社(いなしょくひんこうぎょう)は、長野県伊那市にある寒天ゲル化剤の製造業者。

概要[編集]

株式上場しておらず、かつ大手上場企業の傘下には属していない独立系の企業である。

寒天の加工にメスを入れ、食品はもとより化粧品、医薬品等用途を拡げた。一般市場ではかんてんぱぱブランドの商品を提供している。業務市場ではイナアガー(アガーは英語で寒天)ブランドの商品を提供。国内市場のシェアは約80%、世界では15%である。

2008年(平成20年)には創業以来48年間増収増益を達成し、プレジデント誌にて取り上げられる。毎年着実に成長する経営に関心を抱く経営者は多く、トヨタグループ、帝人を初めとして多くの企業が見学に訪れている[1]

食料品の中堅企業でありながら、特許出願を積極的に行っている[2][3]

製品[編集]

  • 業務用寒天各種
  • 業務用ゲル化剤各種
  • 培地用寒天
  • 業務用食材各種(デザートベース、各種海藻)
  • 介護食用寒天
  • かんてんぱぱ製品
  • ダイエット・健康管理用食品
  • インスタントスープ
  • その他寒天を使用した各種インスタント食品・調味料

関連事業[編集]

  • 本社、北丘工場周辺3万坪の敷地を「かんてんぱぱガーデン」と名付け、寒天レストラン、茶房、輸入雑貨店を設置している。
  • 大手の流通ルートを使わず、自社の通信販売及び、全国7ヶ所の営業所での販売を主とする。他に、直営のカフェ併設アンテナショップとして、全国13か所に「かんてんぱぱショップ」を展開する。

関連会社[編集]

米澤酒造[編集]

米澤酒造株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
399-3801
長野県上伊那郡中川村大草4182-1[4]
設立 1907年創業[4]
法人番号 6100001021426
代表者 塚越 寛(代表取締役社長)[4]
売上高 1億200万円(2017年6月期)[4]
従業員数 7名(蔵人3名)[4]
外部リンク www.imanisiki.co.jp
テンプレートを表示

米澤酒造株式会社(よねざわしゅぞう)は、長野県上伊那郡中川村に本社を置く日本酒メーカー1907年明治40年)創業の老舗造り酒屋で、2014年平成26年)に伊那食品工業の子会社となった。製品充填室兼倉庫、仕込み蔵を新築し、2017年(平成29年)には事務所兼店舗(鉄骨平屋建て、面積約267平方メートル)が完成、リニューアルオープンした[5][6]

米澤酒造が製造する日本酒の銘柄(ブランド)は下記の通り。

  • 今錦(いまにしき) - 米澤酒造定番の銘柄[7]。由来は力士であった祖先が用いていた四股名から[8]。同社公式ウェブサイトドメイン名 (www.imanisiki.co.jp) としても用いられている。
  • おたまじゃくし - 数量限定。原料となる酒米に中川村飯沼地区の棚田で栽培した美山錦だけを使用[7]
  • 年輪(ねんりん) - 酒蔵の改装後にデビューした新銘柄。米澤酒造の旗艦に位置づけられる[9]

受賞[編集]

叙勲[編集]

  • 1996年 黄綬褒章 社長塚越寛 粉末寒天の生産技術開発と用途拡大功績により叙勲。
  • 2011年 旭日小綬章 会長塚越寛 寒天の用途拡大、製造の近代化などの功績により叙勲。

大臣顕彰[編集]

  • 1995年 科学技術庁長官賞 粉末寒天の開発功績により科学技術振興功績者として顕彰。
  • 1996年 農林水産大臣賞 寒天滓(産業廃棄物)の再利用化を確立した功績に対し、リサイクル推進協議会よりリサイクル推進功労者として顕彰。

表彰[編集]

  • 1993年 - 日本緑化センター会長賞 財団法人日本緑化センターから工場の緑化推進により表彰。
  • 1996年 - 日経ニューオフィス賞 「本社・研究室」が、社団法人ニューオフィス推進協議会より表彰。
  • 2002年 - 最高賞最優秀経営者賞 社長塚越寛 日刊工業新聞社主催の優秀経営者顕彰制度より(中堅・中小企業対象の最高賞)。
  • 2007年 - グッドカンパニー大賞グランプリ賞 社団法人中小企業研究センターより表彰。
  • 2008年 - 日本環境経営大賞 環境経営パール大賞 日本環境経営大賞表彰委員会より表彰。
  • 2017年 - 第16回渋沢栄一賞 会長塚越寛 埼玉県より表彰。

関連図書[編集]

  • 『いい会社をつくりましょう』(塚越寛/文屋/2004年・新板2012年)
  • 『リストラなしの「年輪経営」』(塚越寛/光文社/2009年)
  • 『幸せになる生き方、働き方』(塚越寛/PHP研究所/2012年)
  • 『幸福への原点回帰』(鍵山秀三郎・塚越寛/文屋/2007年)

脚注[編集]

  1. ^ プレジデントロイター > 社長の仕事術「トヨタも驚愕!伊那食品工業「48期連続増収増益」の秘密」[リンク切れ]
  2. ^ 伊那食品工業 公開特許公報”. Espacenet. 2016年2月25日閲覧。
  3. ^ なお、J-PlatPatでは2016年2月25日現在で257件の公開特許公報がヒットしたことをここに記す。
  4. ^ a b c d e 会社概要”. 米澤酒造 (2017年6月). 2018年3月10日閲覧。
  5. ^ “地域に愛される酒蔵 米澤酒造リニューアル”. Nagano Nippo Web (長野日報社). (2017年9月29日). http://www.nagano-np.co.jp/articles/22751 2018年3月10日閲覧。 
  6. ^ “ずらり酒徳利 米澤酒造リニューアルオープン”. Nagano Nippo Web (長野日報社). (2017年12月10日). http://www.nagano-np.co.jp/articles/25682 2018年3月10日閲覧。 
  7. ^ a b 馬渕信彦 (2017年10月30日). “日本酒ブームの影で増加する酒蔵の廃業――「買収」という「ポジティブな手法」が蔵元を救う”. GetNavi Web (学研プラス). https://getnavi.jp/cuisine/193238/ 2018年3月10日閲覧。 
  8. ^ コトバンク 今錦とは([日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説)”. 2018年3月11日閲覧。
  9. ^ 製品案内”. 米澤酒造. 2018年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]