伊那市街地循環バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伊那市街地循環バス「イーナちゃんバス」(伊那バス)

伊那市街地循環バス(いなしがいちじゅんかんばす)は、長野県伊那市を循環して運行するバス路線。

愛称はイーナちゃんバス

概説[編集]

当初は伊那市が伊那バスに業務を委託する形をとっていたが、好評だったため、2001年 (平成13年)3月27日から2011年 (平成23年)3月31日までは伊那バスは独自に内回り線を運行していた。JRバス関東も2001年 (平成13年)11月1日から、高遠線の経路を変更する形で一部の便の乗り入れを開始した。また運賃150円で1時間に1本走った外回り線であったが、1時間あたり2本に増発され、また運賃も100円に値下げされている。2011年(平成23年)4月1日からは、伊那バス運行の内回り線は廃止されるが[1]、伊那バスターミナルでの5分の停車[2]を含め、20~40分に1本の運行本数となり、現在に至る。1周は約30分。 利用者数は、8万人(/年)前後で推移している[3]。 JRバス関東による運行は、2017年3月3日をもって終了となった。 2017年4月1日、かつて廃止された伊那バス運行の内回り線が、伊那市の「定住自立圏」構想の一環で運行を再開した[4]

運行会社[編集]

  • 伊那バス

過去の運行会社[編集]

沿革[編集]

運行開始当初の車両 伊那市街地循環バスとして運行されるJRバス関東・高遠線
運行開始当初の車両
伊那市街地循環バスとして運行されるJRバス関東・高遠線
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 運行開始。外回り線のみで計21便設定。
  • 2000年(平成12年)6月29日 - 乗車人員が20万人を突破。
  • 2001年(平成13年)
    • 3月27日 - 内回り線新設。外周り線は41便に増便。
    • 11月1日 - JRバス・高遠線への乗り入れ開始。JRバス関東も共同運行に参加。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 伊那市内西循環線、伊那西箕輪循環線が新設され、6路線に拡大。
  • 2005年(平成17年)10月1日 - ダイヤ改正。
  • 2011年 (平成23年) 4月1日 - ダイヤ改正。内回り線を廃止。伊那市駅および伊那北駅への乗り入れを取り止め。伊那営業所7:40の始発から9:00までは40分間隔、それ以降18:20分発の最終便までは20分間隔での運行 (伊那バス担当便のみ) [5]。 
  • 2017年3月3日 - JRバス関東の運行が終了。                
  • 2017年4月1日 - 廃止していた内回り線の運行を再開[6]。                   

停留所[編集]

  • 市街地循環線 外回り[7][8]

伊那バスターミナル[9] - 通り町 - 旭町 - 伊那北 - 前橋町 - 伊那年金事務所前 - 水神町 - ふれあい~な前 - 伊那公民館入口 - 中央区公民館入口 - 古町 - 中央区三丁目 - ベルシャイン前 - 末広町 - 中央通り - JA上伊那前 - ハローワーク伊那前 - 未来通り南 - ナイスロード上新田 - 下新田公民館入口 - 伊那市役所 - 西町ポンプ場前 - アピタ伊那[10] - 本社前 - オリンパス入口 - 下春日町 - 伊那バスターミナル


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ JRバス運行便は変更なし
  2. ^ 外回り、内回り共に最終便は伊那バスターミナルが終点となる。
  3. ^ 国土交通省総合政策局交通計画課「地域公共交通の活性化・再生への事例集」
  4. ^ 2017年4月1日、長野日報 1面
  5. ^ マーシャの独り言 「伊那市街地循環バスダイヤ改正」
  6. ^ 2017年4月1日 長野日報 1面
  7. ^ 内回りは経路が逆になる。
  8. ^ 2017年5月18日から12月6日まで伊那バスターミナルの改築工事に伴い、伊那営業所は外回りは通過、内回りは仮設停留所に停車となる。
  9. ^ 2017年12月7日、「伊那営業所」から変更。
  10. ^ 小型車両(ポンチョ、点検等で使用できない場合はリエッセ)を使っているため 玄関前に配置している。

外部リンク[編集]