伊那佐村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伊那佐村
廃止日 1954年7月1日
廃止理由 編入合併
榛原町、伊那佐村 → 榛原町
現在の自治体 宇陀市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
宇陀郡
総人口 1,913
国勢調査1950年
隣接自治体 榛原町内牧村大宇陀町宇太町
伊那佐村役場
所在地 奈良県宇陀郡伊那佐村比布
 表示 ウィキプロジェクト

伊那佐村(いなさむら)は、奈良県宇陀郡にあった村。昭和の大合併に伴い、榛原町の一部となった。現在は宇陀市の一部。

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制施行に伴い比布村,高塚村,福西村,池上村,栗谷村,石田村,山路村,大貝村,沢村,三宮寺村,母里村が合併して宇陀郡伊那佐村が成立。
  • 1954年7月1日 - 榛原町に編入され消滅。

経済[編集]

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば、伊那佐村の篤農家は「福角敏夫、大森徳平、森開駒蔵、小林萬平、北岡兵七、栗野源一郎、栗野彌三郎、田中音次郎、和田輿市、室住宇吉、田畑寅次郎、山本富三郎」などである[1]

医療[編集]

医師
  • 前田元朗[2]

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』209頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月16日閲覧。
  2. ^ 『大日本医師名簿』307頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 高崎雅雄編『大日本医師名簿』光明社、1925年。

関連項目[編集]