伊賀駒吉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊賀 駒吉郎(いが こまきちろう、1869年7月23日明治2年〉 - 1946年昭和21年〉3月3日)は、日本思想家教育者心理学者宗教学者。関西教育界の第一人者であり、特に、女子教育で定評があった。当時、菊池寛三土忠造とともに、香川県出身の代表的な三人として並べられることもあった[1]甲陽学院中学校・高等学校創立者。妙法蓮華経(法華経)、日蓮仏法の哲理を教育に展開した。

人物・思想[編集]

日蓮の御義口伝に由来する、「桜梅桃李一時之春」という句を愛誦し、これを教育精神としていた。実際に、1917年創立の甲陽学院中学校・高等学校は、この「桜梅桃李」の精神を建学の精神とし、学級名も桜、梅、桃、李とした。また、「明朗にして溌剌無邪気の青年を育てたい」と著書に表しており、「明朗溌剌無邪気」は甲陽学院の教育理念となっている。

著作[編集]

  • 『解説心理学』(同文館、1900年刊)
  • 『心理学教科書』(同文館、1900年刊)
  • 『教育学要義』(同文館、1900年刊)
  • 『感情教育論』(宝文館、1902年刊)
  • 『最近小学教授法』(宝文館、1903年刊)
  • 『心理学原論』(宝文館、1905年刊)
  • 『心理学要義』(宝文館、1906年刊)
  • 『女性大観』(東京堂、1907年刊)
  • 『東洋4000年史』(寶文館、1907年刊)
  • 『新心理学講話』(宝文館、1909年刊)
  • 『日本教育学』(開成館、1910年刊)
  • 『人生の幸福』(大倉書店、1912年刊)
  • 『最新心理学講義』(修文館、1913年刊)
  • 『三都比較大阪研究』(宝文館、1915年刊)
  • 『文学寳典』(東洋大学出版部、1916年1月1日刊)
  • 『女子教育の革新』(大鐙閣、1917年1月1日刊)
  • 『心理学新論』(東洋大学出版部、1925年1月1日刊)
  • 『宗教大観』(樟蔭女子専門學校出版部、1935年刊)
  • 『回顧七十有五年』(樟蔭女子専門學校出版部、1943年2月刊)

参考文献[編集]

  • 冨田博之著『日本演劇教育史』 国土社(1998年12月刊)
  • 大阪樟蔭女子大学学芸学部論集43号『伊賀駒吉郎の女子教育論 : 樟蔭学園「建学の精神」の基盤』
  • 伊賀駒吉郎著『回顧七十有五年』 樟蔭女子専門學校出版部(1943年2月刊)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『回顧七十有五年』より「彼の人物評」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]