伊賀陽太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊賀陽太郎

伊賀 陽太郎(いが ようたろう、1851年4月20日(嘉永4年3月19日[1]) - 1897年明治30年)5月3日[1])は、幕末土佐藩家老宿毛領主。氏成。元の姓は山内で、明治維新後に父と共に改姓した。

履歴[編集]

11代宿毛領主山内主馬氏理の嫡子に生まれた。山内容堂の甥にあたる。1868年(明治元年)、竹内綱の補佐役に、林有造や石原少馬を近習に従え京都に遊学したが、岩村通俊に説かれ、戊辰戦争に参加、一箇中隊を率いて北陸に出兵した。

明治維新後、福澤諭吉を慕って慶應義塾へ入塾し(『慶應義塾入社帳第一巻316項』)、推薦を受けてイギリスへ1877年(明治10年)に留学する。帰国後、農商務省を経て高等商業学校教諭になったが、病気のため退職した。

宿毛に帰り、1897年(明治30年)5月3日没、47歳。没後、その功により、1900年(明治33年)に養子の氏広が華族に列し男爵を叙爵した[1][2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、87-88頁。
  2. ^ 『官報』号外、明治33年5月9日。

参考資料[編集]