伊賀弘三良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊賀 弘三良(いが こうざぶろう 1928年1998年)は兵庫県出身の編集者、出版事業家。祥伝社社長

旧制姫路中学校から陸軍予科士官学校旧制第六高等学校を経て東京大学文学部仏文科卒業。もともと作家志望だったが、渡辺一夫教授により神吉晴夫に紹介され、1953年、大卒一期生として光文社に入社。同期に、のちの祥伝社社長藤岡俊夫がいた。出版局に配属され、1955年京大動物学者伊谷純一郎に『高崎山のサル』を書かせてヒットを飛ばす。

1959年カッパ・ノベルス創刊編集長に昇進。以後、カッパ・ブックスの編集長を兼任。「ノベルス」誌および「月刊宝石」誌の編集長を歴任。30代の若さで役員として書籍グループの統括者となったが、労働争議により他の役員8人と共に退社し、藤岡俊夫や櫻井秀勲と共に祥伝社を設立した。

1970年、ノン・ブックを創刊。松原泰道『般若心経入門』や五島勉ノストラダムスの大予言』シリーズが大ベストセラーとなる。その後さらにノン・ノベルを創刊し、平井和正夢枕獏菊地秀行内田康夫などの流行作家を生む。半村良を売り出すときには伝奇推理という語を創始した。

1985年から1993年まで祥伝社社長。以後、取締役相談役を経て出版部に戻り、編集者に復帰。川喜田二郎『野生の復興』や曽野綾子『完本・戒老録』などのヒットを飛ばす。70歳で病死。