伊藤謙吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 謙吉(いとう けんきち、1836年天保7年2月[1]) - 1917年大正6年)2月24日[1])は、日本の政治家衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

兵庫県出身[1]判事となり、佐賀徳島始審裁判所長、内務書記官、三重県大書記官となる[1]

1890年第1回衆議院議員総選挙において三重4区から自由党公認で立候補して初当選[2]1892年第2回衆議院議員総選挙では独立倶楽部から立候補して再選[3]。翌1893年に議員を辞職、衆議院議員は2期務めた[1]

このほか、高知県で寒川鉱山を経営し[1]歌舞伎座(株)社長、東京株式取引所理事を務めた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』44頁。
  2. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』4頁。
  3. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』9頁。

参考文献[編集]

  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。