伊藤誠 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤誠
マルクス経済学宇野経済学
生誕 1936年4月20日
影響を
受けた人物
宇野弘蔵鈴木鴻一郎岩田弘
実績 宇野学派と正統派マルクス経済学者との共同研究を精力的に展開
テンプレートを表示

伊藤 誠(いとう まこと、1936年4月20日 - )は、日本経済学者東京大学名誉教授。日本学士院会員。[1]

来歴・人物[編集]

東京都出身。マルクス経済学者東京大学名誉教授宇野弘蔵鈴木鴻一郎の後継者として宇野経済学の流れを汲む。

以前、マルクス経済学内部で存在した、資本主義分析を通じて社会主義への途を目指す正統派と称されるマルクス主義の流れと、原理論・段階論・現状分析に焦点を絞った宇野派の理論対立は、90年代に入ってほぼ収束した。伊藤は、その象徴的存在として、以前はありえなかった正統派との共同研究を精力的に展開している。アソシエ21変革のアソシエ共同代表。新社会党9条ネットを支持している。

経歴[編集]

  • 1955年 東京都立日比谷高等学校卒業
  • 1959年 東京大学経済学部経済学科卒業
  • 1961年 東京大学大学院社会科学研究科修士課程修了
  • 1966年 東京大学経済学部助教授
  • 1975年 経済学博士(東京大学)。博士論文は「信用と恐慌」。
  • 1980年 東京大学経済学部教授
  • 1997年 東京大学を定年退職、國學院大學経済学部教授就任、東京大学名誉教授
  • 2003年 日本学士院会員
  • 2007年 國學院大學を定年退職、国士舘大学大学院グローバルアジア研究科教授
  • 2010年 国士舘大学大学院グローバルアジア研究科教授を退職

著書[編集]

など

関連項目[編集]

  1. ^ "日本学士院第一部第三文科会員個人情報"” (Japanese). 2017年5月6日閲覧。