伊藤裕正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いとう ひろまさ
伊藤 裕正
本名 伊藤 裕正
生年月日 (1977-07-22) 1977年7月22日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
国籍 日本
身長 186cm
血液型 A型
職業 俳優
モデル
ジャンル 映画
テレビドラマ
コレクション
活動期間 2000年 -
事務所 William Morris Agency
公式サイト 伊藤裕正 Official Site
主な作品

日本ドラマ
世界で一番熱い夏
利家とまつ〜加賀百万石物語〜
続・平成夫婦茶碗


海外ドラマ

BONES
Lie to Me
Glasses man


海外映画

Great number hearts
Division
Red to the Sky
Darkness of mind

河滩的杂草

伊藤 裕正(いとう ひろまさ、1977年7月22日 - )は日本の俳優モデル愛知県名古屋市出身。身長186cm、体重76kg、股下96cm、足サイズ28cm。

日本国内外において映画テレビドラマと幅広く活躍する俳優。

2008年、拠点をハリウッドに移し、アメリカ香港中国韓国などで活動する。現在モデルとしては日本国外のコレクションのみ出演。

日本人の外野手としては初めてニューヨーク・ヤンキースと契約した元プロ野球選手でもある。

来歴[編集]

1996年愛知県立刈谷工業高等学校在学中3年の6月に団野村を代理人としメジャーリーグベースボールのトライアウトを受けるために渡米。

1997年日本人外野手としては初めてニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ。

1999年にオフ中の事故が原因でチームを退団した。同時期には伊良部秀輝前田勝宏も在籍していた。

2000年モデルに転身、2001年にはTBS世界で一番熱い夏」で俳優デビューを果たした。

2003年、アメリカで映画「With you」に出演し、海外進出した。

2008年、拠点をハリウッドに移し、アメリカ香港中国韓国などで活動する。

人物・エピソード[編集]

名古屋市立桶狭間小学校名古屋市立有松中学校愛知県立刈谷工業高等学校卒業。

野球[編集]

小学校4年生で野球を始める。高校進学時に私立の強豪校から誘いを受けるが刈谷工業高校に進学。その理由としては、中学生時代にメジャーリーグベースボールでプレーしたいと夢を抱き始めチャンスがあれば高校を辞めてでも渡米したいと考え、母子家庭との事情もあり私立の強豪校に特待生で行き途中退学すると学費を返金しなければいけないという理由で県立校に進学した。

高校入学後、渡米するチャンスを窺っている中でマック鈴木シアトル・マリナーズと契約したと報道を受けて新聞で掲載されていたマック鈴木の区名までの住所に手紙を書くが宛名不明で返却され、出身中学校にも電話をするが問い合わせを拒否され路頭に迷っている時に、当時福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の選手だった大越基がアメリカでプレーしていた事を知り、福岡ドームへ大越基宛てに手紙を数通書く。その後、大越基から電話があり団野村の存在を知り、団野村に直接コンタクトを取り渡米の運びとなったと、ニューヨーク・ヤンキース入団時に語っている。なお、ニューヨーク・ヤンキースに入団していなければ早稲田大学に進学予定だった。

モデル[編集]

ニューヨーク・ヤンキースを退団後、もう一つの夢であった俳優を志す。数十社のプロダクションにプロフィールを送るが反応が鈍く、野球界の兄貴と慕う中日ドラゴンズ山﨑武司から東京の知人を紹介され上京する。

プロダクションが決まらないまま雑誌で見たトリンプ・インターナショナルのHOMボーイに応募し1500人の中からグランプリを獲得する。これを機に数社のモデルプロダクションからオファーがあったがどこにも所属せずに活動する。後にその理由として、「一人で動いていた方が芸能界の厳しさもわかるしパリコレクションに出演できたら俳優に転身しようと思っていたし、モデルから俳優に変わる時にお世話になったモデル事務所を不義理に事務所移籍するのが嫌だった」からと語っている。

2001年パリ・コレクションに出演した。

俳優[編集]

2001年5月にプラチナムプロダクションに所属し、同年7月に世界で一番熱い夏TBS)で俳優としてのキャリアをスタートさせる。
もともと海外志向が強かったが、2002年初旬頃から芸能界の兄貴と慕う加藤雅也の影響もあって海外進出を視野に入れ始める。同年末、プラチナムプロダクションの音楽部門的な位置にあったプレミアムプロモーションに所属していたEXILEが独立すると共に同社を退社。

2003年、アメリカで映画「With you」に出演し海外進出した。その際の制作発表で記者からの「あなたの夢は何ですか?」の問いに「日本人の俳優がハリウッドで認められる事」と語っている。

出演作品[編集]

映画[編集]

アメリカ
  • With you(2003年)
  • Great number hearts(2007年)
  • Let it be(2009年)
  • This(2010年)
  • Tower Heist(2011年)
  • Darkness of mind(2012年)
  • It looked for in the memory(2012年)
  • Red to the Sky(2013年)
  • Repeat the same thing(2014年)
  • American Sniper(2015年)
  • The plans conflicts(2016年)
  • I won't fight(2016年)
中国
  • Division(2004年)
  • 街道原動(2007年)
  • 河滩的杂草(2013年)
  • 冲动的男人(2015年)

ドラマ[編集]

日本
アメリカ
中国
  • 九五至尊(2005年)
  • 爱情性的型(2008年)
  • 未来的恋人(2011年)
台湾
  • 恋爱花(2006年)
  • 呼叫大明星(2010年)
韓国
  • 마음의 서미카(2007年)
  • 반복하는 기억(2010年)

ファッションショー[編集]

専属雑誌モデル[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]