伊藤裕慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 裕慶(いとう ひろよし、1951年 - )は、日本実業家三菱地所リアルエステートサービス代表取締役社長や、三菱地所ハウスネット取締役会長不動産流通経営協会副理事長などを務めた。

人物・経歴[編集]

1973年一橋大学法学部卒業、三菱地所入社[1]。1999年丸の内開発事業部事業推進室長。2002年広報部長。2003年執行役員広報部長に昇格。2005年常務執行役員ビル開発企画部長。2007年取締役常務執行役員[2]。2009年代表取締役専務執行役員[2]。2013年から三菱地所リアルエステートサービス代表取締役社長及び三菱地所ハウスネット取締役会長に就任するとともに、竹内伸行田中俊和らと不動産流通経営協会副理事長にも選任され[3][4][1][2]、新事業の開拓などにあたった[5]。2017年岡村製作所取締役[2][6]国土交通省社会資本整備審議会都市政策の基本的な課題と方向検討小委員会専門委員なども務めた[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 地所リアル社長交代、伊藤裕慶氏が就任、三菱地所グループ週刊住宅タイムズ2013-02-2
  2. ^ a b c d 当社「買収防衛策のための新株予約権無償割当て等」における 独立委員会委員の一部交代に関するお知らせ 平
  3. ^ 新理事長に竹井英久三井不動産リアルティ社長が就任/FRK不動産ニュース2013/5/30
  4. ^ 「ひと 選ばれ、存在感ある会社に 三菱地所リアルエステートサービスの社長になった伊藤裕慶さん」住宅新報 2013年5月7日号
  5. ^ [1]不動産ソリューションBOOK Vol19
  6. ^ 「人事、岡村製作所 」日本経済新聞2017/5/10 16:01
  7. ^ [2]国土交通省
先代:
清沢光司
三菱地所リアルエステートサービス社長
2013年 - 2017年
次代:
田島穣