伊藤行記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 行記(いとう ゆきのり、1958年昭和33年)1月1日 - )は、日本銀行家あいちフィナンシャルグループ代表取締役社長愛知銀行代表取締役頭取

来歴[編集]

三重県出身[1]。1980年名古屋大学経済学部卒業[2]中央相互銀行(現・愛知銀行)入行[3]名古屋駅支店長東京支店長、事務統括部長取締役証券外国部長等を経て、2017年から常務取締役を務め[4]、中期経営計画策定にあたった。2019年代表取締役頭取に就任。問題解決営業の展開を進めた[5][6]

2022年10月には愛知銀行と中京銀行共同持株会社として発足した、あいちフィナンシャルグループの代表取締役社長に就任した[7]

経歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「新社長愛知銀行 伊藤行記氏」産経biz2019.5.15 05:00
  2. ^ 「新社長愛知銀行 伊藤行記氏」毎日新聞2019年5月15日 東京朝刊
  3. ^ 愛知銀行 伊藤行記氏 2019/5/15付日本経済新聞 朝刊
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 「代表取締役及び役員等の異動に関するお知らせ」愛知銀行
  5. ^ 愛知銀頭取に伊藤氏「課題解決営業を強化」 日本経済新聞2019/5/14 19:30
  6. ^ 「愛知銀行、頭取に伊藤行記氏」日刊工業新聞-2019/05/14
  7. ^ あいちFGが発足、愛知銀と中京銀が2年後めどに合併”. ニッキンONLINE. 株式会社日本金融通信社 (2022年10月3日). 2022年10月5日閲覧。
  8. ^ 「6/27(土)2019年度キタン会定時社員総会を開催」一般社団法人キタン会

外部リンク[編集]

ビジネス
先代
矢澤勝幸
愛知銀行頭取
2019年 -
次代
(現職)