伊藤英三 (官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤英三

伊藤 英三(いとう えいぞう、1903年明治36年)8月15日[1] - 没年不明)は、昭和時代前期の台湾総督府官僚警察官僚嘉義市尹

経歴・人物[編集]

広島県広島市稲荷町に生まれる[1]第六高等学校を経て[2]1927年(昭和2年)3月、東京帝国大学法学部法律学科を卒業[1]。同年12月[2]高等試験行政科に合格し、翌年5月、台北州巡査部長に任ぜられる[1]。ついで台北州警部補、司獄官練習所教官、新竹州警務課長、台中州警務課長兼理蕃課長、同保安課長、高等警察課長を経て、台南州教育課長に転じ、高雄州地方課長を経て、1936年(昭和11年)10月、嘉義市尹に就任した[1]

翌年、台中州警務部長に転じた[3]。その後、帰朝し、秋田県書記官・学務部長を経て[4]滋賀県警察部長に就任し、1943年(昭和18年)7月まで務めた[5][6][7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 台湾新民報社 1937, 9頁.
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、264頁。
  3. ^ 太田 1940, 341頁.
  4. ^ 『職員録 昭和17年7月1日現在』内閣印刷局、1942年、p.353。
  5. ^ 『官報』第4725号、昭和17年10月8日。
  6. ^ 『官報』第4744号、昭和17年11月2日。
  7. ^ 『官報』第4940号、昭和18年7月2日。

参考文献[編集]