伊藤盛景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤祐盛から転送)
Jump to navigation Jump to search
 
伊藤盛景
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 没年不詳
改名 祐盛 → 盛景
別名 祐盛[1][2]通称:彦兵衛[1][2]、長門守
官位 従五位下長門守
主君 豊臣秀吉
氏族 美濃伊藤氏
父母 父:伊藤祐重
盛正

伊藤 盛景(いとう もりかげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名美濃舟岡城[3]主、のちに美濃大垣城主。豊臣家の家臣。

経歴[編集]

美濃舟岡城主の伊藤祐重の子[1][2]

初名は祐盛(すけもり)[2]豊臣秀吉に仕えて、従五位下長門守に叙任された[2]

天正18年(1590年)の小田原の役に従軍[1][2]。秀吉本陣の前備衆の一つで320人を率いた[4]。3万石に加増され、美濃大垣城を与えられた[2]

天正20年(1592年)の肥前名護屋城普請と、文禄3年(1594年)の伏見城普請に参加[2]。その間の文禄の役では、名護屋在陣衆として1,000人の兵を率いて[5]滞陣したが、出征はしなかった。

文禄4年(1595年)、豊臣秀次切腹事件に連座して叱責処罰を受けた[2]。この頃、加増あって知行3万4千石[1][2]

慶長4年(1599年)に致仕して隠居した。家督は子・盛正が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 阿部 1990, p. 110
  2. ^ a b c d e f g h i j 高柳 & 松平 1981, p. 24
  3. ^ 所在地不明。
  4. ^ 『伊達家文書』による。
  5. ^ 『松浦古事記』による。

参考文献[編集]

  • 高柳光寿; 松平年一 『戦国人名辞典』 吉川弘文館、1981年、24頁。 
  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』 (コンパクト版) 新人物往来社、1990年、110頁。ISBN 4404017529