伊藤由奈のHEART to HEART

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤由奈のHEART to HEART
ジャンル 音楽トーク番組
放送方式 録音放送
放送期間 2007年4月1日 - 2011年4月2日
放送回数 209
放送局 JFN
ネットワーク JFN
パーソナリティ 伊藤由奈
テンプレートを表示

伊藤由奈のHEART to HEART(いとうゆなのハート・トゥー・ハート)は、伊藤由奈パーソナリティーを務めるラジオ番組JAPAN FM NETWORK(JFN)系全国ネットで2007年4月1日から2011年4月2日にかけて毎週放送された。全209回。放送基準日は月曜日。2005年10月4日から2006年3月28日にかけてInterFMで放送された「JOURNEY」(毎週火曜日23:00〜23:30)に次ぐ自身2本目のレギュラー番組である。

伊藤由奈本人が選んだ曲をオンエアしたり、海外アーティストの曲をカバーしたり、番組に寄せられたメッセージを読んだりする。リスナーの相談に乗ることもある。番組公開録音の実施、ゲスト出演が稀にある。

当番組は30分番組であるが、一部の放送局は次番組が「JFNニュース」である関係上、5分短縮された25分番組として放送している。

コーナー[編集]

フリートーク
番組冒頭のフリートーク。大抵はスタッフから出された質問に答える形が多い。その後、伊藤由奈の最新シングル曲がオンエアされる。
メッセージコーナー
リスナーからのメッセージを読むコーナー。
Yuna Select
本人が選曲した2曲をオンエア。大抵は洋楽がオンエアされる。
アルバム発売前後はアルバムの収録曲がオンエアされるため休止。Studio Liveが放送される場合も休止だった。
Discover Japan
日本文化をよく知らない本人のためにスタッフが考案したコーナー。
スタッフから問題が出される。時にはリスナーからの出題もある。
食べ物に関する問題の場合は回答後、その食べ物が出てきて試食することもある。
毎週でなく不定期的に放送される。

過去のコーナー[編集]

Studio Live
海外アーティストの曲を1曲、アコースティックアレンジでカバーするコーナー。
以前から番組や本人のオフィシャルサイトに、及びファンレターで「洋楽カバーをやって欲しい」というリクエストが寄せられていたこと、「いろいろな楽曲にトライしてみたい」という本人の希望により実現。
カバーする曲はリスナーによるリクエストの中から本人が選曲し、ギタリスト篤志とのセッションでスタジオから生歌披露される。
プロジェクト名は「Ito Yuna Respects」。
第171回〜第175回、第177回〜第181回にて放送された(Yuna Selectが放送される場合は休止だった)。

Studio Live[編集]

曲名 原曲のアーティスト名
171 I Don't Want To Miss A Thing [1][2] AEROSMITH
172 All By Myself Jamie O'Neal [3]
173 She [4][2][5] Elvis Costello [6]
174 Just The Way You Are Billy Joel
175 Hero [2] Mariah Carey
177 Time After Time Cyndi Lauper
178 Hard To Say I'm Sorry [7][2] Chicago
179 Beautiful Christina Aguilera
180 Careless Whisper George Michael
181 It's My Life

第176回はYuna Select放送のため休止。

主な出来事[編集]

2007年

4月、番組放送開始。

第20回、第21回は秋田秋田拠点センターアルヴェにてAFMの人気番組「JAM the Music」とのコラボレーションで7月29日に行われた番組初の公開録音の模様が放送された。ライブも行われ、「ENDLESS STORY -Acoustic Version-」、「Mahaloha -Acoustic Version-」が披露された。

第27回、第28回は鹿児島アミュプラザ鹿児島9月21日に行われた公開録音の模様が放送された。ライブも行われ、「Precious -Acoustic Version-」が披露された。

2009年

第97回は番組初のゲストとしてSpontaniaが出演した。

第102回はレーベルメイトである韓国人男性歌手Kがゲストとして出演し、Kのレギュラー番組「Beyond the K...」とのダブル公開録音が行われた。

第125回、第126回は神奈川三浦海岸で行われた公開録音の模様が放送された。ゲストとしてKが再び出演。ライブも行われ、Carpentersの「Yesterday Once More」がデュエットで披露された。公開録音は実質的にこれが最後となり、全4回実施された。

第136回は11月8日に2009年学園祭ツアーの会場となった千葉県勝浦市国際武道大学「黒潮祭」にて番組の公開録音が行われる予定だったが、新型インフルエンザに伴う大学休校のため実施中止(学園祭ライブも中止)となり、スタジオから通常の放送に変更された。

2011年

3月、最終週(3月27日〜4月2日)をもって番組放送終了。

ネット局、放送時間[編集]

※2011年3月当時、22局ネット

AIR-G'Date fmTOKYO FMFM長野K-MIXFM AICHI 807JOEU-FMFM FUKUOKA、特別加盟局のエコパラダイスFMパラオ共和国)は非ネット(未放送)。

ネットを一旦打ち切っていたHFM、fm nagasakiは2010年10月より放送時間を変更してネットを再開。

過去のネット局(打ち切り局)、放送時間[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オーケストラにアレンジされたものが洋楽カバー第1弾デジタル・シングルとして2010年7月28日より配信リリース。ビデオ・クリップも制作されている。
  2. ^ a b c d 同年12月8日に発売されたベスト・アルバムLOVE 〜Singles Best 2005-2010〜』の初回生産限定盤/B-Typeのみ付属の洋楽カバーCDに収録されている。
  3. ^ 2001年公開の映画「ブリジット・ジョーンズの日記」の主題歌として有名であるが、Eric Carmen1975年に発表した同名同曲のカバーである。
  4. ^ 洋楽カバー第2弾デジタル・シングルとして同年8月25日より配信リリース。
  5. ^ 第208回の番組冒頭で「She -Studio Acoustic Live-」としてオンエアされた。
  6. ^ 大元はCharles Aznavourのカバーであるが、伊藤の公式ホームページでは「Elvis Costelloのカバー」とアナウンスされている。
  7. ^ 洋楽カバー第3弾デジタル・シングルとして同年9月29日より配信リリース。

外部リンク[編集]