伊藤永之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 永之介(いとう えいのすけ、1903年11月21日 - 1959年7月26日)は、日本小説家である。

来歴・人物[編集]

秋田県秋田市出身。上級学校への進学はかなわず、高等小学校の補習科を出た後、銀行につとめながら雑誌投稿を始める。その後、1924年に同郷の金子洋文を頼って上京、その紹介で雑誌『文芸戦線』に評論を発表して、文筆活動にはいる。最初は評論を書いていたが、1928年、『文芸戦線』に「見えない鉱山」を発表、プロレタリア文学の新進作家として注目を浴びる。『文芸戦線』誌の編集に携わりながら小説を発表し、『戦旗』に対抗する労農派の作家として、同誌を支えた。この時期の代表作として、「総督府模範竹林」(1930年)、「万宝山」(1931年)などの植民地に取材した作品がある。

1932年に労農芸術家連盟が解散し、プロレタリア文学運動が衰退の方向に向かうようになると、農村を題材とした作品が多くなる。濁酒の密造を題材とした「梟」(1936年)が芥川賞候補となると、その後も漢字一字をタイトルとした、農村を舞台とした作品を多く執筆し、当時の〈生産文学〉の一翼を担った。

戦後も社会主義作家クラブの中心的存在として活躍し、映画化された「警察日記」(1951年)などの作品を発表した。

1959年7月26日、脳溢血のため東京都渋谷区上原の自宅で死去[1]。55歳没。

著書[編集]

  • 『暴動』新作長篇小説選集 日本評論社 1930
  • 『恐慌』文芸戦線出版部 1930
  • 『梟』版画荘 1937「鴉・鶯・梟」新潮文庫
  • 『鶯』改造社 1938のち春陽堂文庫
  • 『鴉』版画荘 1938
  • 『娘地主』版画荘 1938
  • 『牛』改造社 1939
  • 『熊』東亜公論社 1939
  • 『馬』新選純文学叢書 新潮社 1939 「梟・鶯・馬」角川文庫
  • 『作家の手帖』新選随筆感想叢書 金星堂 1939
  • 『燕』新撰名作叢書 金星堂 1939
  • 『雁』生活文学選集 春陽堂 1939
  • 『二子馬』新潮社(土の文学叢書) 1939
  • 石川理紀之助 農村更生の慈父』新潮社 (土の偉人叢書) 1939 無明舎出版 1987
  • 『湖畔の村』新潮社 1939
  • 『離村』新館書房 1940
  • 『炭焼き』実業之日本社 1940
  • 『朝市』河出書房 1940
  • 『都会と田舎』新世社 1941
  • 『故郷の春』学芸社 1941
  • 平田篤胤』偕成社 1942 無明舎出版 2009
  • 『医者のゐる村』宝文館 1942
  • 『鴨と鮒』三杏書院 1942
  • 『路地の人々』国文社 1942
  • 『春の別れ』偕成社 1943
  • 『冬来りなば』錦城出版社 1943
  • 『秋田』小山書店(新風土記叢書)1944 無明舎出版 1985
  • 『雪日記』新紀元社 1946
  • 『美しい旅』世界社 1946
  • 『二つの青春』一聯社 1947
  • 『故郷の歌』信友社出版部 1947
  • 『海の鬼』三島書房 1947
  • 『山の神』信友社出版部 1948
  • 『農民の幸福 随筆集』国際出版 1948
  • 『警察日記』小説朝日社 1952 のち角川文庫
  • 『文学入門』信友社 1953
  • 『なつかしい山河』みすず書房 1954
  • 『刑務所志願』山田書店 1955
  • 『新警察日記』新潮社(小説文庫) 1955
  • 『谷間の兄弟』東方社 1955
  • 『山桜』河出新書 1956
  • 『売春婦』村山書店 1956
  • 『駐在所日記』村山書店 1957
  • 『南米航路』角川書店 1957
  • 『自然と人生についての四十話 民話』五月書房 1959
  • 『消える湖』光風社 1959
  • 『三太郎』東洋文化協会(東洋新書) 1959
  • 『五郎ぎつね』刀江書院(少年少女現代文学傑作選集) 1960 小学館児童文化賞受賞
  • 『署長日記』新潮社 1960
  • 伊藤永之介作品集』全3巻 ニトリア書房 1971-1973
  • 『伊藤永之介文学選集』浦西和彦編 和泉書院 1999
  • 『伊藤永之介童話作品集』岡里苜子,佐藤康子編 無明舎出版 2010

映画化作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)33頁

外部リンク[編集]