伊藤武 (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 武(いとう たけし、1971年5月5日[1] - )は日本の政治学者。東京大学大学院教授、元専修大学教授。専門はイタリア政治。ヨーロッパ比較政治。

経歴[編集]

  • 1971年 長野県生まれ
  • 1995年3月 東京大学法学部卒業。4月、同研究科修士課程政治専攻入学
  • 1997年3月 同 修了、4月同博士課程進学
  • 1997年4月~98年3月 日本学術振興会特別研究員(DC1)[1]
  • 1998年3月 同大学院法学政治学研究科政治専攻博士課程中退。4月、東京大学社会科学研究所助手[1]
  • 2012年 専修大学法学部教授
  • 2018年 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻准教授[2]
  • 2019年 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授[2]

著書[編集]

単著『イタリア現代史』(中公新書、2016)

編著 『専門性の政治学』(ミネルヴァ書房、2012) 『近代イタリアの歴史』(ミネルヴァ書房、2012) 『ヨーロッパのデモクラシー』改訂第二版(ナカニシヤ出版、2014)

参考文献[編集]

  • 『イタリア現代史』(中公新書、2016)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 自己点検・自己評価報告 各所員の研究活動 東京大学社会科学研究所
  2. ^ a b 伊藤 武 ITO TAKESHI KAKEN

外部リンク[編集]