伊藤柏台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤柏台による作品「松並木」
伊藤柏台による作品「六地蔵附近」

伊藤 柏台(いとう はくだい、1896年1月6日 - 1932年3月7日)は、日本の洋画家日本画家[1][2]

人物[編集]

京都市中京区生まれ。本名は新太郎。1914年、京都市立美術工芸学校卒業。1919年、京都市立絵画専門学校卒業[3]。風景画を得意とした。絵画の他に、俳句もよくし、塩谷鵜平と交遊した。

主な作品[編集]

  • 「冬の日」(国画創作協会展入選)
  • 「黄檗付近にて」(国画創作協会展入選)
  • 「松並木」
  • 「六地蔵附近」
  • 「松原庵」
  • 「武蔵野ニテ」
  • 「衣笠雪景」
  • 「庭の一隅」[4]
  • 「木屋町夜景」[4] など

脚注[編集]

  1. ^ 美術人名辞典
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  3. ^ 20世紀日本人名事典
  4. ^ a b 文化遺産オンライン