伊藤東一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 東一郎(いとう とういちろう、1879年12月18日[1] - 1950年10月5日[2])は、日本の政治家衆議院議員(3期)。

経歴[編集]

岐阜県出身[2]1901年茨城県立水戸中学校卒。日露戦争に従軍して、陸軍歩兵中尉となる[2]。その後は輪西中普通水利組合会議員、石津村議、岐阜県議、同参事会員、同副議長、自作農創調査委員、小作、金銭債務各調停委員となる[2]。ほか帝国在郷軍人会海津郡連合分会長、大日本砂防協会評議員となる[2]

1936年第19回衆議院議員総選挙において岐阜1区(当時)から立憲民政党公認で立候補して初当選[3]。以来連続3回当選する。1942年第21回衆議院議員総選挙では大政翼賛会の推薦を受けて当選する[4]。戦後は日本進歩党に入ったが、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[5]。追放中の1950年死去。(死去後の1951年に追放解除[6]。)

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第六十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、17頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』46頁。
  3. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』109頁。
  4. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』127頁。
  5. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日1面。
  6. ^ 『朝日新聞』1951年6月19日朝刊1面。

参考文献[編集]

  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。