伊藤晃 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 晃(いとう あきら、1941年 - )は、日本歴史家。専攻は日本社会主義運動史、労働運動[1]

北海道生まれ。東京教育大学日本史学を学び、1964年卒業。1971年より千葉工業大学に勤務、助教授、教授、2009年退任[1][2][3]天皇制廃止論の立場にたつ共和主義者である。

著作[編集]

  • 『天皇制と社会主義』勁草書房 1988、インパクト出版会 2002 新版
  • 『転向と天皇制 日本共産主義運動の1930年代』勁草書房 1995
  • 日本労働組合評議会の研究 1920年代労働運動の光芒』社会評論社 2001
  • 『戦争と労働運動 戦前労働運動のあゆみ』労働者学習セふふそンター 2005
  • 『「国民の天皇」論の系譜―象徴天皇制への道』社会評論社(2015

編著共著[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]