伊藤昌弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 昌弘(いとう まさひろ、1927年10月27日 - 2011年6月5日)は、日本の政治家。元衆議院議員民社党)(1期)。薬剤師[1]

経歴[編集]

東京都墨田区出身。1948年千葉医科大学薬学部卒業。1959年から墨田区議を2期。1969年から東京都議を2期(自民党)務めた。

1976年の総選挙東京6区から無所属で立候補するが落選。1979年1980年民社党から衆議院議員総選挙に続けて立候補するも落選。1983年の総選挙で初当選。1986年に落選。1990年1993年(無所属)の総選挙に立候補するが落選。1995年文京区長選、1999年の墨田区長選に立候補するが落選。2001年の都議選にも立候補したが落選した。

国会議員時代は野党である民社党に属したが、反ソビエト連邦反共産主義保守派であった。1985年3月6日の衆議院予算委員会では、前年8月に放映されたNHK特集「核戦争後の地球」を「非科学的」「情報の出所はソ連圏で、反米親ソの偏向放送」[2]と非難し、「今流行の間違った反核、反戦運動の先頭に立つようなことをなさるのか」と質問をおこなったが、当時NHK副会長だった田中武志は「カナダフランスあるいはスウェーデン等々の放送機関による合意に基づく国際共同制作」「核の冬についてはアメリカ国防総省も気象変化による影響を表現した報告書を議会に提出している」とかわした[3]

2011年6月5日、肺炎のため死去[4]

著書[編集]

  • 『赤い電波 - モスクワ放送ゑんま帳』山手書房(森本真章との共著) 1985年

脚註[編集]

  1. ^ 前・元薬剤師国会議員の先輩方”. 日本薬剤師政治連盟. 2011年7月8日閲覧。
  2. ^ 保守派の評論家から「核の冬につながらない限定核戦争も可能で、こうした内容はソビエト連邦の脅威を薄め、それに対抗する西側の核戦略を否定的に見ている」といった批判(岡崎久彦佐瀬昌盛曽野明「NHK『核戦争後の地球』の荒唐無稽」」(座談会、『文藝春秋』1984年10月号)や中川八洋による「公開質問状」など)がなされており、伊藤も質問でこれらに言及している。
  3. ^ 第102回国会 予算委員会 第20号 - 国会会議録検索システム
  4. ^ “訃報:伊藤昌弘さん83歳=元民社党衆院議員”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年6月14日). オリジナルの2011年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110615161630/http://mainichi.jp/select/person/news/20110614k0000e060017000c.html 2011年6月14日閲覧。 

参考文献[編集]