伊藤悌三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 悌三(いとうていぞう、1907年12月14日1998年9月29日)は、日本洋画家

略歴[編集]

千住吾妻汽船会社(隅田川の一銭蒸気船)を経営の父幸太郎と、写真家江崎礼二の長女八重の三男として浅草山ノ宿町53番地で生まれる。独協中学の時に画家を志し1927年(昭和2年)岡田三郎助に師事。1929年(昭和4年)東京美術学校西洋画科に入学。在学時の1933年(昭和8年)第14回帝展に初入選、以後毎年入選。1941年(昭和16年)第14回文展で第一回岡田賞を受賞。翌年無鑑査となる。1941年(昭和16年)紀元2600年にあたり興亜院より中国各地を取材,翌年陸軍報道部より南方各地に派遣作品を制作。戦後は、日展・光風会で活動、浅井閑右衛門・南政善政善等と新樹会を創立するも、昭和27年以後団体を退き、無所属作家として個展で発表する。師岡田三郎助の影響を受け人物画家と自負、裸婦の他、1972年(昭和47年)以後毎年渡欧スペインの女性を多く描いた。

1998年(平成10年)9月没 90歳

長男萌木(日展工芸作家)、次男亜人(東大名誉教授、文化人類学)、三男卓美(木版画家)

著書[編集]

  • 1967年(昭和42年) 人物画を始める人へ〔アトリエ出版社〕
  • 1983年(昭和58年) 我が心の隅田川〔季刊江戸っ子連載〕
  • 1987年(昭和64年) 伊藤悌三作品集〔一枚の絵(株)〕
  • 1998年(平成10年) 我が心の隅田川《17回連載を一冊にまとめる》〔私家本》

挿絵[編集]

  • 1948年(昭和23年) 野火(第一部)〔季刊文芸誌文體 著大岡昇平〕
  • 1954年(昭和29年) わたしたちの世界名作童話全集グリム童話集1〔同和春秋社訳矢崎源九郎
  • 1965年(昭和40年) 利根川〔週刊朝日連載著安岡章太郎