伊藤徹 (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 徹(いとう とおる、1957年4月 - )は、日本哲学者京都工芸繊維大学教授

経歴[編集]

静岡市生まれ。1980年京都大学文学部哲学科卒業。85年同大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。1986年京都教育大学専任講師、88年助教授、2005年教授、京都工芸繊維大学教授[1]、2002年「手としての人間 作ることへの問いと柳宗悦」で京都大学文学博士

著書[編集]

編著
  • 『作ることの日本近代 一九一〇-四〇年代の精神史』編 世界思想社 2010

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『作ることの哲学』著者紹介

外部リンク[編集]