伊藤弘憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 弘憲
いとう こうけん
生年月日 1892年8月30日
没年月日 1966年
前職 僧侶

Flag of Sano Tochigi.svg (旧)佐野市長
当選回数 2回
在任期間 1947年4月6日[1] - 1955年4月30日[1]
テンプレートを表示

伊藤 弘憲(いとう こうけん、1892年8月30日[1] - 1966年[2])は、日本政治家僧侶栃木県(旧)佐野市長を務めた。

経歴[編集]

1915年大正4年)、豊山大学(現大正大学)を卒業[1]1930年昭和5年)から安蘇郡植野村(現佐野市)の真言宗大聖院の住職を務める[1][2]。大正大学の講師を務めていた時期もある[1]

1947年昭和22年)4月の佐野市長選挙で当選[3]。以後、市長を2期8年務めた。1948年(昭和23年)に市立西中学校の校舎を増築したのをはじめに在任中に数校の校舎を完成させた[1]1954年(昭和29年)には上水道水源工事に着手している[1]。また、足利郡吾妻村と安蘇郡赤見町との合併を実現させている。1966年(昭和41年)、死去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『日本の歴代市長 第一巻』,594頁
  2. ^ a b 『栃木県歴史人物事典』,66頁
  3. ^ 『佐野市史 通史編 下巻』,1108-1110頁

参考文献[編集]

  • 『日本の歴代市長 第一巻』歴代知事編纂会 、1983年11月25日。
  • 『栃木県歴史人物事典』下野新聞社 、1995年7月27日。
  • 『佐野市史 通史編 下巻』 佐野市、1979年3月15日。
先代:
小泉善一郎
(旧)佐野市長
第2・3代:1947年 - 1955年
次代:
小泉善一郎