伊藤文隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤弘利から転送)
移動先: 案内検索
伊藤 文隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市中村区
生年月日 (1954-05-11) 1954年5月11日(63歳)
身長
体重
182 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト1位
初出場 1978年4月15日
最終出場 1991年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

伊藤 文隆(いとう ふみたか、1954年5月11日 - )は、日本の元プロ野球選手投手)、野球解説者愛知県名古屋市中村区出身[1]。プロ選手としては、阪神タイガースに所属した。

社会人野球時代の1972年から1978年までは「伊藤 弘利」(いとう ひろとし)、1979年から1985年までは「伊藤 宏光」(いとう ひろみつ)の登録名でプレーした。

来歴・人物[編集]

大同工業高校では、エースとして1972年夏の甲子園県予選準決勝に進むが、中京高金本誠吉と投げ合い敗退。同年のプロ野球ドラフト会議中日から5位指名を受けるも入団を拒否。その後、明治大学に進学するも中退。

社会人野球の三協精機(現:日本電産サンキョー)に入社。1977年都市対抗では1回戦で愛知トヨタに完投勝利。2回戦で電電東京に0-1で敗退[2]するが、その好投に注目が集まる。

1977年のドラフトで阪神から1位指名を受け入団。右腕からの速球を武器に1981年からローテーション入りを果たし1982年には10勝を挙げる活躍を見せる。1988年は、前年の1987年を白星なしの9連敗でシーズンを終えたことから、背番号を14に変更して臨み、開幕から2戦2完封勝利と好調であった。しかし4月27日の大洋戦において池之上格の放った一塁ゴロで、一塁ベースカバーに入った際、池之上にスパイクされ右踵を裂傷。以後成績が振るわず、1991年に現役引退。打撃では1987年9月9日の甲子園でのヤクルト戦で本塁打を記録している。

引退後は、サラリーマンとしてアパレル企業のトレンザで営業職を務める[3]1996年以降は、サンテレビABCラジオ2009年から)の野球解説者として活動していた。1995年から1998年までは日刊スポーツ野球評論家も務めた。ゴーストライターに頼らない貴重な評論家として野球名鑑に紹介されたこともある[1]

2008年には社会人野球クラブチームトータル阪神の監督へ就任。2009年には第34回全日本クラブ野球選手権大会で優勝している。2010年12月、球団本部付職員として阪神に復帰[4]。球団本部チーム運営担当として、新人・若手選手やリハビリ中の選手のサポートなどを担当。2012年12月末で退団[5]

2013年より、サンテレビ野球解説者へ復帰[6][7]

2014年独立リーグBASEBALL FIRST LEAGUE加盟球団の姫路GoToWORLDの監督を務めた[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 阪神 18 4 0 0 0 1 1 0 -- .500 191 40.1 58 14 14 0 2 21 0 0 35 34 7.65 1.79
1979 23 4 0 0 0 1 3 1 -- .250 247 53.1 68 4 18 1 2 29 3 0 35 29 4.92 1.61
1980 21 16 2 0 0 4 6 0 -- .400 392 94.0 86 10 25 1 3 49 0 1 49 40 3.83 1.18
1981 33 23 4 1 1 8 8 0 -- .500 606 147.0 148 15 31 3 2 89 0 0 72 60 3.67 1.22
1982 27 26 2 1 0 10 10 0 -- .500 673 158.2 164 13 42 5 3 84 2 0 70 58 3.28 1.30
1983 35 18 2 0 0 6 7 1 -- .462 513 116.0 141 21 32 2 4 61 2 0 69 67 5.20 1.49
1984 32 25 3 0 0 4 11 2 -- .267 660 150.2 171 24 52 4 5 80 1 1 89 81 4.84 1.48
1985 25 16 3 0 0 5 5 0 -- .500 488 115.2 123 16 39 1 1 59 3 1 63 58 4.51 1.40
1986 29 25 4 1 1 8 8 0 -- .500 586 139.0 142 20 33 3 3 83 3 1 74 69 4.47 1.26
1987 19 13 1 0 1 0 9 0 -- .000 329 73.0 89 15 26 1 3 45 0 0 48 46 5.67 1.58
1988 6 4 2 2 0 2 0 0 -- 1.000 116 28.1 15 0 17 1 1 17 1 0 2 2 0.64 1.13
1989 27 15 2 0 1 3 8 0 -- .273 464 108.0 110 6 35 5 5 52 0 2 58 51 4.25 1.34
1990 24 9 1 1 0 2 4 0 -- .333 307 67.1 84 10 35 6 2 35 3 0 43 40 5.35 1.77
1991 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 4 1.0 1 1 0 0 0 1 0 0 1 1 9.00 1.00
通算:14年 320 199 26 6 4 54 81 4 -- .400 5576 1292.1 1400 169 399 33 36 705 18 6 708 636 4.43 1.39
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • 初登板:1978年4月15日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤ球場)、8回裏に2番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:同上、8回裏に高木守道から
  • 初勝利:1978年4月22日、対ヤクルトスワローズ3回戦(阪神甲子園球場)、4回表1死に2番手で救援登板・完了、5回2/3を無失点
  • 初先発:1978年5月24日、対ヤクルトスワローズ5回戦(阪神甲子園球場)、6回3失点で敗戦投手
  • 初セーブ:1979年7月31日、対ヤクルトスワローズ16回戦(阪神甲子園球場)、6回表2死に2番手で救援登板・完了、3回2/3を無失点
  • 初先発勝利:1980年7月27日、対読売ジャイアンツ16回戦(阪神甲子園球場)、8回2/3を1失点
  • 初完投:1980年9月20日、対ヤクルトスワローズ22回戦(明治神宮野球場)、8回1失点で敗戦投手
  • 初完投勝利:1980年10月1日、対横浜大洋ホエールズ25回戦(阪神甲子園球場)、9回1失点
  • 初完封勝利:1981年9月5日、対ヤクルトスワローズ22回戦(明治神宮野球場)
  • 1000投球回数:1986年9月5日、対中日ドラゴンズ23回戦(ナゴヤ球場)、8回裏1死目に達成

背番号[編集]

  • 20 (1978年 - 1987年)
  • 14 (1988年 - 1991年)
  • 37 (2014年)

登録名[編集]

  • 伊藤 弘利 (いとう ひろとし、1978年)
  • 伊藤 宏光 (いとう ひろみつ、1979年 - 1985年)
  • 伊藤 文隆 (いとう ふみたか、1986年 - 1991年、2014年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『'98プロ野球12球団全選手百科名鑑』P202に掲載の解説者名鑑。
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2000』P215に掲載の解説者名鑑。
  4. ^
  5. ^ 伊藤文隆氏の退団を発表 - 『デイリースポーツ online』2012年12月28日。同日付の阪神側からの人事が報じられている。
  6. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2013』P268にサンテレビ解説者として、伊藤のプロフィールが掲載。
  7. ^ 『サンテレビボックス席』2013年度公式サイト内解説者・アナウンサーリスト
  8. ^ 兵庫)新独立リーグに姫路の球団 元阪神・伊藤氏が監督

参考資料[編集]

  • 『プロ野球12球団全選手百科名鑑』→『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズバックナンバー
    • '98プロ野球12球団全選手百科名鑑(雑誌『ホームラン』1998年3月号増刊。1998年3月31日、日本スポーツ出版社発行)
    • 12球団全選手カラー百科名鑑2000(雑誌『ホームラン』2000年3月号増刊。2000年3月31日、日本スポーツ出版社発行)
    • 12球団全選手カラー百科名鑑2013(2013年2月25日発売・発行、廣済堂出版)ISBN 4331802213

関連項目[編集]

外部リンク[編集]