伊藤廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 廉(いとう れん、1898年明治31年)10月7日 - 1983年昭和58年)1月24日)は、日本の洋画家

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身。本名読みは「きよし」。明治大学文学部中退、東京美術学校西洋画科卒業。1927年ヨーロッパに渡りジョルジュ・ルオーに師事。帰国後、二科展二科賞を受賞。1930年里見勝蔵らと独立美術協会を興す。1943年国画会会員。1954年東京藝術大学教授。1962年定年退官、名誉教授愛知県立芸術大学教授。

著書[編集]

  • 『イタリア日記』双林社、1942
  • 『点線』書物展望社、1943
  • 『絵の話 その1』美術出版社、1949
  • 『絵の話 つゞき』美術出版社、1949
  • 『球面』大丸出版社、1949
  • セザンヌ覚書』中央公論社、1949
  • 『絵の話 その3 (絵の歴史)』美術出版社、1950
  • 『西洋美術 歴史と鑑賞』創元社、1952
  • 『デッサンのすすめ』美術出版社、1968
  • 『油絵のみかたについて』美術出版社、1976
  • 『油絵のみかた』美術出版社、1983

編纂[編集]

  • 『西洋名画家選集 第3、ルオー画集』アトリヱ社、1932
  • 『ルオー版画集』三甲社、1940

参考[編集]