伊藤孝二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 孝二郎(いとう こうじろう、1923年 - 2003年7月28日)は日本の政治家新潟県北蒲原郡黒川村(現胎内市)の村長を約半世紀にわたり務めた人物である。

経歴[編集]

伊藤孝二郎は先憂後楽の精神のもと、31歳のときに「胎内川総合開発」「道路網の整備」「農業の近代化」の公約を掲げ黒川村村長に当選し、胎内スキー場胎内高原ビール園ロイヤル胎内パークホテルなど観光事業を発展させ雇用を拡大し、農業を活性化させて人口流失による黒川村の過疎化を防いだ。全国市町村会副会長、県市町村会会長を務めた。

2003年6月に体調不良で辞職するまで12期連続で村長を務めた。これは西分村長芸西村長で13期連続当選した岡村雅夫に次ぐ多選で、同一自治体としては全国最多選である。2003年7月28日死去、79歳。死没日をもって勲三等瑞宝章追贈、従五位に叙される[1]

ロイヤル胎内パークホテルに伊藤の銅像が立てられている。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3684号11頁 平成15年9月3日号